山のぼり ツアーレポート

2017/3/7  子ノ泊山・那智烏帽子山・高峰山・八郎山

晴天の中、紀州の1等三角点巡りをしてきました。

移動が多く、多くの山は回ることはできませんでしたが、予定の山に加えておまけの山も登ってきました!

天気を始め、沢山の笑顔や美味しい料理にも恵まれ、幸せなひと時でしたね。

皆様、お疲れ様でした!

【9:30】名古屋駅
【12:30】林道発

渋滞もなくスムーズに来ることができました。

登山口で昼食をとり、登山スタートです!
【13:30】林道終点

4kmの林道ですが、案外登りもきつく少々ハードな林道歩きでした。

ここからがやっと登山です!

沢沿いを進んでいきます。
【14:45】高峰山

沢沿いの道を登ってきましたが、帰りは高巻きの楽々ハイウェイコースを下ります。
登山道を終えると、また林道を歩き登山口へ。

【16:30】登山口着

この後尾鷲にて宿泊。

『鬼瓦』という名前に惹かれ行った、ご飯屋さんはとても美味しかったです。

明日も頑張りましょう!
【7:00】ホテル発

やはり皆様、冬が明けて登り出したところですので、筋肉痛もあったようです。

今日もぼちぼちと歩いていきましょう!

まずは、那智烏帽子山へ。

【8:30】登山口発
俵石という集落を経て山頂を目指します。

立派な石垣が無数に残っています。

歴史を感じながら進みます。
こちらの山もよく整備され、案内標識もしっかりしているので迷うことはありません。

ガシガシ高度を上げていきます!
上部には岩がゴツゴツしている箇所や、ロープの張ってある箇所がいくつかあります。

注意して登れば問題ありませんが、いやらしいですね。

【10:30】烏帽子山山頂

【12;40】登山口着
早く宿についても仕方ないので、近くの1等三角点へ。

【13:30】八郎山登山口

わかりにくい民家の隅に登山口があります。

ちなみにこちらの山、熊野古道の大辺路の一部でもあります。
馬の背のような箇所もあり、変化に富みながらも歩きやすい道が続きます。

目指すは、正面のピークの奥。

天気が良くて最高です!
【14:50】八郎山山頂

遮るもののない山頂からは優雅な絶景を楽しむことができました!

嬉しいおまけツアーでした〜。

【16:00】登山口

【16:30】新宮市のホテル着
最終日は子ノ泊山へ。

【7:30】ホテル発
【8:00】登山口発

子(ネズミ)の干支の名が付いた唯一の山で、その年には多くの方が訪れるそうです。

いきなりの急登、頑張りましょう!
最初の歩きにくい道を越えれば、すぐに整備された道が出てきます。

ここからはグイグイ高度を上げていきます!
【9:30】山頂

騒がしい山頂に到着です。

四日市周辺の渋滞を避けるため、早めの登山で帰路につきました。
山頂からは綺麗な海が見れました。

3日間共、天気に恵まれ良いツアーとなりました。

皆様、ご参加ありがとうございました!

【14:00】名古屋駅着

ページトップへ戻る