山のぼり ツアーレポート

2017/3/25  毘沙門岳・野伏ヶ岳・猿ケ馬場山

大日ヶ岳・鷲ヶ岳ツアーに少しかぶりながら催行された今回のツアー。
多くのゲストにご参加いただきました。ありがとうございます。
積雪時期のみ登れる山々。今年は雪もしっかりあって順調にいけました。

初日は9:30に名古屋駅集合。
そこからやはり渋滞にしっかりハマって12時ごろスノーウェーブ白鳥高原より登山開始しました。
まずはゲレンデの脇を邪魔にならないよう進みます。
ゲレンデトップ。
意外とあっさり到着です。30分ぐらいでした。
それにしてもいい景色!
そこから尾根をひたすら進みます。
ここは結構大きな雪庇となる尾根ですので注意。気温も上がって大体は落ちますが。
ぐぐっと登る尾根部分。
ここはちょっと大変ですが頑張って登り切ればもう山頂。
小休止で景色を楽しみながら登ります。
笹が埋まりきってませんね。
でもバックカントリーツアーを予定した2月より雪は増えてますね(笑)

13:30ごろこれまたあっさり登り切りました。雪で特に看板のない山頂へ。(写真は山頂からではありません。)下山後は石徹白で泊まります。
2日目は野伏ヶ岳。
6時に朝食を頂いて、45分ごろ宿を出発。登山口まで少し車に乗り7時ごろより歩き出しました。つぼ足のまま橋まで歩いてスノーシューを装着し進みます。
あんまり予報の良くない天気でしたが、あれ晴れてます??
いい方向に転ぶことは文句ありません(笑)
でも次第に悪くなるので降ってくるまでにとりあえず山頂踏みたいですね!頑張りましょー
林道をショートカットしながら登りつめること車から約1時間半。
牧場跡まで到着!そして目指す山頂がドーン。
それにしてもいい天気ありがとう!
さて少し休憩したらドンドンいきますよー
しばらく平らなところを歩いて尾根に取り付きます。
もっとゆるいところもありますがここはパワーゾーン!(笑)いつもながらのショートカットコースで直登します!
尾根にのってドンドン進みます。
尾根の合流も全然問題なく登れました。
この辺りが少し急ですけどね。今回はスノーシューで登り切りました。
なんとなんと10:40野伏ヶ岳山頂に到着。
素晴らしいペースで登りきりました!さすがです!
雲は多いものの天気が崩れる前に登頂成功!
2時頃には下山完了しました!
野伏ヶ岳下山後は白川郷まで移動しこの辺りの山域の常宿、赤尾館さんでお世話になりました。
朝も5時から暖かい朝食を頂き出発です。いつもありがとうございます。
今回はこちらの駐車場より出発しました。少しでも近道が良いようで道路脇の雪の斜面直登からスタートです。(笑)
6時ごろ駐車場を小雨の中出発。
林道にはいればすぐに雪に変わりました。今年は雪が多く林道は下からびっしり雪でした。
ショートカットしながら登り6:40青い小屋が目印の登山口へ到着しました。
ほとんど埋まってますが(笑)
さて上はどんな天気だろう、、、
上の林道まで登りつめます。約1時間ドンドン登ります。
もうすでにスノーシューの威力を発揮。
ますます上の状態が心配ですねー
林道にでてから一般的によく登られる帰雲山などを通る尾根道は無視してオリジナルルートで行きますよ。
うっすら残ってるトレースはほとんど尾根へ行ってました。やはりこちらがまだ主流のようですね。
沢が狭くなってきたところで適当な尾根を選んで登ります。ラッセルラッセル。沢の中も尾根に乗ってもラッセル。
この時期にこんなになるとは。やはり天気ですぐ条件が変わりやすい冬山は用心して行きましょう。
スノーシューでよかったーアイゼンだとまあ撤退でしょうね。
なかなか沈ます。スノーシューでこんなにラッセルしたの久しぶりですね(笑)冬はもっぱらスキーなので。やっぱりラッセルはスキーが断然楽ですねー
結構気温が低いですが汗かいてしまいました。いいトレーニングでした(笑)
尾根に出れば結構なホワイトアウト。
そして平らな猿ケ馬場山頂。とにかく高いところを目指して登りますが平らすぎます。最後にGPSで確認すればビンゴ!山頂でした!
11時頃登頂です!ここは寒いので風の避けれるところでお昼にしましょう。
ホワイトアウトなので下りも方向を間違えないよう気をつけて行きました。
あんなに苦労した登り。なんて下りの早いこと。嬉しいのか悲しいのか(笑)
下へ来ればだいぶと天気が良くなってますね!
サクサク下山し最後はやっぱりこれですね!(笑)
登り5時間下り3時間の行程でした!
降りて来ればいい天気!登れたしなんかいい気分!
すぐそばの温泉に立ち寄りサッパリして名古屋駅へ帰ります。3:20白川郷を出発し、渋滞もありましたが6時頃解散。
みなさま長旅お疲れ様でした!

ページトップへ戻る