山のぼり ツアーレポート

2017/4/1  布引山地・錫杖ヶ岳676m

クラブツーリズム『北アルプスに登り隊』の第一回実技登山で錫杖ヶ岳に登って来ました。
朝から雨が降っていたので天気が心配でしたがスタート時点で雨は止みいい感じで登ることができました。
今回のテーマの岩場の通過もほぼ問題なく通過できました。ある程度の慣れは必要ですが、夏まで時間があるので頑張りましょう!

ガイド:小林、山本

名古屋からJRで加太(かぶと)駅へ、そこから舗装路歩き30分ほどで駐車スペースのある登山口に到着。
【10:50】登山開始。登山口からはまず柚之木峠を目指します。

この日は4月とは思えない寒さで、ニット帽・手袋がおおいに役立ちました。
柚之木峠までは緩やかで歩きやすい登山道です。登山道には200mごとにこんな案内看板があり、ペース配分と心の支えになります。またこの案内板には高度の表示もあるので高度計の修正も容易です。
この日の参加者は総勢35名なのでチームを2つに分けての行動となりました。写真は山本の担当したBチームですが、岩場も結構安定して通過できました。
岩場には以前はなかったエスケープルートのようなものができていました。ただし足元はすべりやすく雨の日は岩場のほうが安全だと思いました。
何箇所もある鎖場を越えれば山頂です。
【12:40】山頂です。もう少し雲がなければというのが正直な感想でしたが、途中の尾根歩き中に吹いていた冷たい風が山頂に居る間はまったく吹かずラッキーでした。
その後は頂上直下のあずまやでスリングで作る簡易ハーネスの説明、今後必要となる装備の説明をしながらの休憩。結構話し込んでしまいました。
下山は【14:35】開始。足元に気をつけながらスムーズに進み、登山口に【15:10】着。
アンケートを済ませ、加太駅に【15:45】着。現地解散の方のいらっしゃいましたが【15:52】の電車に乗り名古屋に向かいました。

ページトップへ戻る