山のぼり ツアーレポート

2017/4/23  南山クライミングセミナー

つい先日まで寒さが嘘のよう。暖かく、日向にいると汗ばむ陽気の1日でした。参加経験3回目の方から初参加の方々まで午前中のレベルから午後は一皮向けたクライミングができるようになったのは嬉しいですね。
ご本人たちも実感されているようで、コーチとしは大満足。
もっとも皆さんの運動センスがいいんでしょうけどね。それともコーチの指導法がいいのか〜?(笑

初めてクライミングされる方にはロープの結び方2種類をマスターしていただきます。
指導するのは経験者。とはいってもまだ初心者。
ですから人に教えることで自分もしっかりと学び取るということに繋がります。
(間違いはガイドが修正しますのででご安心ください)
経験者には新たな結び方を、初参加者には徹底的に基本の結び方を習得いただきます。
これがこの後のトレーニングに欠かせないんです。
早朝、他のグループで事故もあったのですが、いよいよクライミング!

青空が気持ちいい!
こちら2〜3回目の参加者。

お二人ともに貪欲です。
まるで肉を食らうように岩を登ってました(笑
見習いガイドも参加者の皆さんに紛れてトレーニング。

技術は1日にして成らず!
技術とは本能だ!
1本登ればその分確実に上達する!
簡単でも気を抜かない。抜けば大きな事故につながる!
上スピードが早い人は上手いのだ!
以上、この日の格言。(多すぎか?)
慣れてくると・・・
この岩場ではちょっとややこしいムーブが必要なコーナーにもチャレンジ!
自習中

これがセミナーの本来の姿。ただ人が登るのを眺めていちゃ〜もったいない。
何度もなんども反復練習されてました。
初参加の方も午後になってちょっとしたアドバイスでポジションがガラリと変わってました。
今回初参加の方は、みんさんこの夏に剣岳に登るための練習だそうです。
まぁここが登れれば剣岳は技術的に問題なし。ただしルートの危険を感知する能力は別ですよ〜
通称「割り箸クライミング」
これが効くんです。
仲良しカップルで初参加!
でもメンズは2年ほどのインドアクライミングとちょっとだけ外岩経験あり。
自分の知識と彼女のスキルアップを狙っての参加。
午前中よりも圧倒的に華麗な登りになりましたよ〜。
彼女はこの先伸びる資質は大!
あっちもこっちも自習しながら時間制限いっぱいまで登った1日。
この日の登行高度は200〜350m。

これからも安全に配慮してガシガシ登ってください!
またお待ちしてます。

ページトップへ戻る