山のぼり ツアーレポート

2017/5/14  定光寺の岩場で岩場体験講習

クラブツーリズム名古屋の企画で本日は岩場体験講習会。場所は名古屋からほど近いJRでもアクセスできる定光寺の岩場。昔から岩登りのゲレンデとして知られる古典的な岩場です。
11名の参加者にガイド・コーチが2名の総勢13名。日曜日でしたが他に誰もいない岩場でみっちり?たっぷり?と岩場登りを体験いただきました。

前日の土曜日は「雨」
そのため、9時に駅に集合して岩場に来たものの、まだ岩が濡れている状態。
ならば、まずはロープワークからスタートです。
ロープワークの講習をしながら岩場が乾くのを待っているのです。

さすがに高みを目指すみなさん。熱心です。
「こうでしょ〜」「そしてこうするでしょ〜」「そうするとこうなります」と参加者の皆さんで研鑽
ギアは触れれば慣れますからね〜。
8の字結びや・・・
クローブヒッチ(=インクノット)もできるようになると、いいね〜

そして、鎖場をイメージしたカラビナ2枚での安全確保。
できる人には簡単。でも要領がわからないと本番で失敗する可能性もあるので、単純な動きも検証しながら講習をすすめました。
ゴルフをしたことがない人が”いきなりコースにでる”なんてことは無謀というか迷惑を掛けることになるのと同じ。岩の山に登るのに岩場に立ったことがなければ無謀であったり、他の方に迷惑を掛けることは想像できます。
参加の皆さんは謙虚です。
ちょうどお昼頃になって、ようやく岩が乾き始めましたので、ロープをセット。

登山靴で、そう登山靴で岩を登ります。
ビレイをしているヘルメットの女性はクライミング経験のある、もちろんビレイ経験もあるゲスト。
ロープを2本セットで交代しながらチャレンジ!

意外にもうまく登ってしまう方、苦戦する方・・・
「靴が悪いわ! がははははは( ´ ▽ ` )ノ」と登れないのは靴のせいということにして大笑いのゲストも! みなさんも一緒に「がはははははは」な1日
順番を待つ間も一生懸命に登り方をチェック。

とてもいい姿勢です。
終盤でさらに難易度の高いラインにロープをセット。

この頃になると岩場から逃げ出しそうなゲストも散見。
「そこのお嬢様・・・次どうぞ!」
「え〜っ、もう今日はお腹いっぱい!」
と楽しい会話がつづく1日でした。

ページトップへ戻る