山のぼり ツアーレポート

2017/8/5  槍ヶ岳!

クラブツーリズム『北アルプスに登り隊』で最終回槍ヶ岳(1回目)を登りました。
スタート前から気になる存在がいました。それは18日間にわたり存在した台風5号です。

結論から言ってしまうと、槍ヶ岳ヵらの下山を上高地へと変更をして無事下山できました。しかも、登頂日(8月7日)の午前中はこれ以上ないねって言う晴天で山頂からの景色をクラブツーリズム隊貸切で楽しめました。

最終日はかなり激しい雨と風でしたが横尾からの3時間は梓川の濁流を観察する余裕すらありました。

本当に新穂高へ下山しなくてよかったと心の底から思いました。

名古屋からバスで平湯へ、夏の週末は観光バスも上高地に入れないので路線バス(貸切)で上高地へ。
空は雲に覆われ山はほぼ見えない状態でした。

【11:45】上高地バスターミナルを出発し今日の宿泊地横尾を目指します!
時折雲が切れて山が見えたりもします。
一瞬姿を見せた明神岳。
上を見上げても雲しかないんで、足元のお花を楽しむことにします。
山芋環(ヤマオダマキ)。明神と徳沢の間で多く咲いていました。
花びらの先が裂けていてるからなのか千手岩菲(センシュガンピ)。
横尾までにあちらこちらで見かけました。
途中、ソフトクリームを食べたりしながら【15:30】横尾に到着。
夕食は【17:00】からなのでお風呂で汗を流しサッパリして初日のお疲れさま会開催。
2日目
この日が一番ハードな行程です。
【5:45】スタートで槍ヶ岳山荘へ出発!
灼熱の登りを覚悟していましたが、曇り空が幸いしたのと、残雪があり、その上を吹く風もそこそこあったので、涼しくわりと楽に登ってしまいました。

天狗原分岐から少し登った最後の水場は冷たくて美味しい!!
このコースは水場が多いのでお水を多く持って歩かなくてもいいのが嬉しいですね。

播隆上人の岩小屋を過ぎたところで今回の初槍ヶ岳!
わー!おっ!叫ぶ大人たちが回りに大勢いました。

ここから先は展望が利かないほうがいいですね。
先が見えると『まだか〜』『まだか〜』『まだか〜』と何度も思いますから。
最後のジグザグを登りきって槍ヶ岳山荘到着【14:35】。
『とりあえず、登りますか?』と準備をしていたらにわか雨が降ってきたのと雲が厚く展望が期待できないので今日は中止。

夕食までのひと時を小屋前のテーブルで二日目のお楽しみ会開催。
この日も皆さん早めの就寝だったようです。
3日目
抜群の天気です!

今日来てよかった〜。
【5:00】朝食 →【5:30】アタック開始という、あわただしいスタートですが、皆さんそれはそれは元気です。
平均年齢・・歳とは思えない。

昨日、他のツアーは登っており早々に下山したので渋滞もなく先頭は23分で山頂に到達。

山頂はクラブツーリズムの貸切時間が長く、記念写真も思う存分撮れました。
アルペン踊りの小槍(3030m)が朝日え輝いています。

山頂で集合写真を撮りましたが、諸事情により掲載は控えます。
皆さん最高の笑顔で写真に納まっていました。
山頂から笠ヶ岳方面に槍ヶ岳の陰が綺麗に出来ていて、これも歓声が上がりました。
【7:00】ちょっと過ぎ、本来の予定コースの新穂高温泉への下山ではなく、横尾に向かって下山。

今日の午後から台風5号の影響で…
雨(かなり降る。)

滝谷・チビ谷の増水(怖

自宅に帰れない!(悲

みんな困る!(寂

を避けるためそういう決断にしました。

結果は大正解でした!
横尾到着【13:50】とほぼ同時に雨が振りだし、その勢いは時間の経過とともに強くなりました。

夕食までは槍ヶ岳登山を語る会開催。

夕方になると涸沢で宿泊予定の方やテント泊の学生たちも横尾山荘に集まってきて小屋は大賑わいとなりました。
最終日(4日目)
【5:00】に朝食を済ませ、【7:00】上高地に向け出発
明神を過ぎた辺りで風が強くなって来ましたが、ここまで下れば安心。
【9:55】誰もいない河童橋に帰って来ました。清流『梓川』は濁流、見たことないですがガンジス川のような色?になっていました。
あとでニュースを見ると各地の河川はたいへんなことになっていてビックリしました。

その後は平湯で入浴〜赤かぶの里でお買い物〜名古屋帰着【16:10】でした。
お疲れさまでした。次は奥穂高でお会いする方も大勢いらっしゃいますので、またよろしくお願いいたします!
【おまけ】
今回は行きも帰りもこの景色にはお目にかかれませんでした。
天気がいいとこんな景色だったんですが・・・また次回のお楽しみということで。

ページトップへ戻る