山のぼり ツアーレポート

2017/9/18  剱岳 北方稜線と池ノ平山

某国から最近よく飛んでくる尖ったアレよりは随分マシとは言え
何もこのタイミングで来なくていいよ言いたい台風18号

事前に中止をしたツアーも多くあったと思いますが、往生際が悪いPZはギリギリまで粘るんです。

そのお陰で大幅に予定は変更しましたが、目的の北方稜線は無事トレース!

晴れ男パワーもここまで来たか・・・フッフッフッ

Jアラートでたたき起こされた憂鬱な朝

まったく、空から降ってくるのは雨か雪だけにして欲しいもんだ。

台風18号さんの動向次第では、もしかしたら行けるかもしれない。と言う望みを持って室堂にIN
嵐の前の静けさか、いい天気、いい景色!
木々が色ずく直前の秋の室堂を通り抜け
快適な気温の雷鳥沢を登って剣御前小屋に【15:35】到着

秋空の下にドッシリ佇む剱岳
今回は剣沢小屋の予約が取れず御前小屋泊り。
夕方に天気予報チェックしてみると、今回の台風18号さんも寄り道好きで遅れてくる様子

どうやら明日は天気が持つみたい。
ならば予定を変更して明日、剱⇒北方稜線⇒池ノ平。明後日、池ノ平⇒剱沢登って戻ってくる。に変更
次の日、夜も明けきらぬ【3:50】出発

一服剱で赤く焼ける空を眺め、「今日一日天気持ってください!」とお願いしながらハーネス等を準備して
さあ行くぞ!
同じく早朝出発で剱を目指す登山者の波に乗りながら、山頂を目指します。

高曇りでも景色は良好!
しかも、日差しが無いから暑くない。って言うか寒いぐらい。
台風が来るって予報でも、連休とあってカニノタテバイは渋滞

順番待ちして通過
危なっかしい登山者多いですね・・・。
賑わう剱岳山頂に【8:00】到着

この人の多さ、剱の人気がうかがい知れる。
これだけ人が登れば事故も増えるわけだ・・・いろんな登山者がいますからね。

さて、天気も予定通り持ちそうなので(希望)、我々は北方稜線に行きますか。

後立山の山並み眺めながら出発!
実は剱岳を起点にして北方稜線をトレースするのは初めて。

池の平からは何度も通ったルートでも全く違って見えて新鮮!
剱山頂から長次郎のコルへの下りも、こんなに悪かったけ〜?と思うほど。

いつもはロワーダウンする長次郎の頭も今回は登り。
池ノ谷のコルまでのギザギザの稜線も、逆ルートだと初めて来たみたいに道探し。
この緊張感がいいですね。

天気もどうやら持ちそうだし、全く人が居ないからすれ違いに気を使う必要がないのもイイ!
ただ、池ノ谷ガリーは別。

もうガラガラザラザラ・・・足元悪すぎ(泣)
ここは登りの方がいいね。
懸念していた小窓のコルへの下りの途中にある、急なルンゼの通過も今年は雪もなく難なく通過。

小窓のコルに【10:55】到着
雲は厚くなってきたけどまだ降ってない!

ここまで来たら欲が出る。このまま降らないで小屋までもってちょうだい!
どうだ見たか晴れ男パワー!!(偉っそう)
なんと!雨に降られずに小屋に到着!!【14:30】

無事に北方稜線を行けた祝杯を上げて次の日【5:40】
なんと、これまた降ってない!!

どうだみたか!(再び偉っそう(笑))

もしかして、剣沢小屋まで天気が持つかも!?

と言う淡い期待も、小屋の1時間ほど手前で敗れ、雨・・・。
晴れ男パワーもここまで・・・無念。

そんなこと言ってる場合ではなく、台風18号さんも本気を出してきたらしく、急速に雨風強くなってきました。
逃げるように剣沢小屋に到着。【11:10】

小屋締めのように、しっかり台風対策されていて窓は全部クローズ
小屋のイケメン若旦那新平さん曰く「明日、閉じ込められるかもよ。帰れるなら今日中に帰った方がいい」との事。

ならばもうひと踏ん張りして下りることに決定
雨具に打ち付ける雨粒と時々よろめくほどの突風に耐えながら、さらに歩くこと2時間半。

這う這うの体で室堂ターミナルに到着【13:40】

晴れ男パワーで快適に北方稜線はトレース出来たものの、池ノ平から室堂までの遠い帰り道が核心となりました。
まぁでも行けたんだからいいか。

晴れ男継続中でいいですよね???

ページトップへ戻る