山のぼり ツアーレポート

2017/10/7  堂津岳・東山と一夜山

9月いっぱい閉鎖されていた奥裾花渓谷から登る信州100名山の2座。
この夏、誰も歩いていない山には嫌な予感がぷんぷん。

長野駅に11:10に集合後、まずは陣場平山へ。
本当の予定は一夜山登山でしたが、夏の豪雨により林道が通行止め。。林道も歩くとなると日程的に無理があるので変更しました。

陣場平山は車でほぼ山頂まで行けるのですが、地蔵峠の駐車場からトレッキングコースを登ることに。30分ほどで山頂。山頂の一等三角点は矢羽根がついた珍しいタイプ。
今回は山頂より奥のヨシキリ神社まで行ってきました。
参道は趣きのある道。規模は小さいですが戸隠の雰囲気に似ています。
ヨシキリ神社。
岩室の中に社殿が建てられていて、こちらも珍しい感じ。

足を伸ばしてみたら意外な名跡に出会えました!

往復約2時間で駐車場に戻り、本日の宿へ。
本日の宿、鬼無里の湯。

残念ながら温泉は改修工事中で入れず。。
しかし食事は大変おいしいものをいただきました!
2日目は信州100名山・堂津岳。
山頂直下までは藪刈りがされているとの情報ですが、藪と急斜面を警戒して秘密兵器「ワークマン匠の手」を投入!!

ガイドはカッパもワークマンです(笑)

登山のあとはやっぱり温泉に入りたい!ので早めの【4:30】宿出発、まだ暗い【5:05】登山開始。
自然園までは車道歩きです。自然園に【5:40】、徐々に明るくなってきました!
奥裾花自然園から尾根に辿り着くまでが第一関門の急登。
落ち葉とジメッとして滑る道をひたすら登っていると光が差し込んできました。

見頃には一歩手前といったところでしたが、紅葉が始まったブナの森は清々しく、順調に高度をあげていきます。尾根には1時間ほどで【7:00】到着。
尾根に出ると薮が生い茂る道に。展望は晴れていても全くありません。。
尾根道は事前情報通りしっかりと刈り払いされ快適!しかし刈り払いされた竹が滑り、平らなのに滑るという難度の高い道。

40分ほどで奥西山のピークを越え、ひたすら刈り払いされた道を進みます。
刈り払いされた道が終点を迎えると、少し緊張感のある細尾根に出ます。ここがこのコース中、随一の展望場所。
【9:20】ちょうどこの場所に差し掛かったところからガスが取れて山日和に!
北アルプスを栂海新道から槍ヶ岳まで一望にできる絶好のロケーション。

そしてここからが薮漕ぎの本番(笑)
踏み跡は明確にとはいかないまでも判別できるレベル、しかし背丈以上に育った薮を歩くのは熊の気分が味わえます(笑)

他の登山者がガサガサときたら熊と間違えること必至。
そんな藪漕ぎを40分ほど堪能して【10:05】堂津岳到着!
山頂は360度の大パノラマですが、ここも薮が成長していて展望を邪魔します。。

あまりにも登山者が少なくなれば、魅力がわからない山になりかねませんね。
高妻・乙妻方面は綺麗に紅葉していました!ですがこの絶景を見ながら歩けるのは一瞬、黙々と尾根道を戻り【13:05】東山との分岐、【14:45】駐車場まで下山。

宿の温泉が入れないので、戸隠の森林囃子(これで’もくもくばやし’と読みます)という温泉に遠征してから帰宿。
温泉料金も、売っていた地場産野菜の値段も、20年くらいタイムスリップしたかのようなリーズナブルなお値段でした!
3日目も同じく信州100名山の東山を目指します。
尾根道へ出るまでは、時間もコースも前日と全く同じ行程を行き、尾根から南へたどります。

【7:30】中西山。ここまでは一般登山道扱いですが、、、だいぶ薮が生い茂ってきていてすでにビッショリ。
東山の最近の情報は全くなく、どれくらいの藪漕ぎが待っているのやら、、、と不安になります。
3日目も朝方はガスで展望なし。
尾根道を1時間ほど進むとロープが張ってある天狗鼻への急な登りに。
登りきるとガスが取れだしました!

【8:30】天狗鼻
天狗鼻から下りの道になるといきなり薮薮薮!
堂津岳での薮漕ぎなんかぬるく感じるほどの鬼藪漕ぎ!しかも東山の山頂まで続きます。。。
しかし踏み跡は明確にあるという不思議。

堂津岳よりもこちらの方がなぜか登山者が多く、薮がすごすぎてすれ違うたびにお互いに「なんでこんな山来たんですか?!」と言い合う始末(笑)
天狗鼻を見返す。
東山への道の方が景色も見えて、明確なアップダウンもあり、薮に阻まれ大変ですが、登山としては楽しめます。
そんなこんなでひたすら薮を掻き分け【10:05】東山山頂着!
と、遠かった。。。
信州100名山をもう少しで完歩するゲストのみなさんもすれ違った登山者も「一番辛い山だった。。」と漏らすほど。

こちらも山頂の展望は薮に邪魔されて少し残念な感じ。
そのうち三角点も標柱も見えなくなりそうです。
はっきり言って普通の目線ではどこが登山道かわかりませんね!(笑)
行きに必死で掻き分けた薮を再び掻き分け掻き分け【12:10】天狗鼻。
東山方面を見返す。
およそ4時間も薮と挌闘していました(笑)
【13:10】中西山
【15:00】駐車場まで下山。
長らくの藪漕ぎ、大変お疲れ様でした!

帰りは裾花温泉うるおい館で汗を流し解散。
この夏誰も入っていなかった山は、予想通り一筋縄では行きませんでしたが、ご参加の皆さんにがんばっていただき無事終了!ありがとうございました!

ページトップへ戻る