山のぼり ツアーレポート

2017/10/17  二岐山と袈裟丸山プライベートツアー

秋の東北最終ツアー
何か悪いことしましたかね〜・・・。

太陽を見たのは遥か昔のような(オーバーじゃなく1週間見てない)・・・って言うぐらいの長雨

もう、晴れ男雨男なんてどうでもいいから晴れてください!
と言う願いが通じたか最後はイイ天気!!

涙が出そうになりながら青空見上げた最終日
最後良ければ全部良し!

ガイド:高橋 守

新白河駅に集合してまたも雨のドライブ・・・。
二岐温泉の奥の林道へ

もう雨降りが普通になりすぎて、「どうせ晴れないでしょ」と半ば投げやり。
もはや乾いた登山靴は無く、不快な湿った靴に足を突っ込み【11:05】出発
お世辞にも小雨とは言えない降りっぷり

紅葉が見頃の登山道が整備された里山なら、登山者が他にも居てもいいはずですが誰〜もいない貸切(当たり前か)

雨の林の歩きもイイもんだなんて強がる気にもなれない、て言うか雨に飽きてきたな〜と泥濘む足元にウンザリしながら歩いてブナ平着【12:00】

晴れていれば綺麗なんでしょうねと、もはや言い飽きたフレーズも虚しいガス煙るブナの二次林を登り、最後は急登に喘いで山頂着【12:50】

思ったより風はないので思ったより寒くない⇒でも雨はしっかり降ってる⇒もちろん展望は無し⇒ジッとしていると寒いのでサッサと下山

と言うここの所お決まりのルーティーンで山頂滞在時間は短め
ドドッーと下って【14:25】に登山口に戻てきました。

帰りに濡れついでに、大鍋が御神体の御鍋神社見学

平家の落人伝説とその一行が使ったとされる大鍋が御神体で
社の目の前のサワラは巨木100選に選ばれた立派な巨木

神様、晴れください・・・。
眠気と戦って日光へロングドライブで投宿
夜までしっかり雨、でも次の日は晴れ予報。はたして・・・?

朝、起きてみると!なんと!

霧雨・・・おい!!晴れとちゃうんかい!!
回復が遅れているだけさ、と言い聞かせ袈裟丸山折場登山口へ【7:30】 
出発の時は霧雨も止んで、予報を信じて雨具も着ずに出発

雨具を着ないで歩くの久しぶり!
「雨具が無いって歩きやすいね〜」「きっと晴れてくるはず!」
と、言いつつ願いつつ登っていくと・・・

ガスが抜けてきたよ〜!(嬉)
袈裟丸山もみえる!
袈裟丸山は弘法大師にちなんだ名前だそうで、どうも神様と仏様がイマイチ仲が悪かったお陰で付いた名前みたい(詳しくは写真を見てね)

もうこの際、神様でも仏様でもいいから晴れさせてくだい!!
お願いします!!
軽いアップダウンを繰り返し、紅葉のトンネルを歩きます。
連日の雨で登山道は川になっていて歩きづらい・・・。
小丸山に【9:35】

でも空の雲は段々薄くなってきてる!
きたーーーーーーーー!!!!!!

神様お陰?それとも仏様?
まぁどっちでもいい、ありがとうございます!!

夢にまで見た(大袈裟)青空!!
鳴呼、晴れた山ってこんなに気持ちよかったのね・・・。

と、足取り軽く山頂着【10:55】
久しぶりに山頂でゆっくりと休憩

目が行くのは遠い山より空の青と浮かぶ雲
「太陽って暖かい〜」「青空に浮かぶ雲が綺麗〜」

思う存分晴れた山頂を味わって下山です
帰り道、避難小屋近く

葉っぱの落ちた寂しげな林も晴れていると違うね〜。
やっと青空に映える紅葉を見たね〜。
こころ静かに【14:00】下山

感動の青空に、やっぱり山は晴れに限る!と再確認した最終日
あれだけ雨に降られ続けたことも忘れる、まさに終わり良ければ全て良し!

ページトップへ戻る