山のぼり ツアーレポート

2017/10/30  番屋山・光明山・日本平山

今回は新潟100名山を狙って燕三条周辺をうろつきます。

なぜかなぜかこの地域だけ雨。そんな悪いことしたかな?

頑張っていきましょう。

10:30 燕三条駅集合。
はい、いきなり雨。しかも風も強い。素晴らしい歓迎でした。笑

登山口でのんびり準備していたら雨は止みました!!!やっぱり日頃の行いが良い?
12時過ぎ出発。右が八十里越えの道です。
ルンルンで歩けば雨生池。
この池の淵がなかなかスリリングでしたよ。ぬるっと滑るとドボンです。雨の後なのでやばいですよ〜〜〜笑
落ち葉の絨毯となった登山道。
ステップもわからないしヌルッとしてるしなかなかの急登をなんとか越えました。
もうすぐかな!?となんども騙されて進みます。

そして明らかに黒い嫌な雲が・・・
よく冷えた強風と共に飛んできたのは雨。ではなくあられでした。
ちょこっとテンション上がりましたが(自分だけ?笑)、とにかく寒い。。。
山頂に着いてもまだ降ってますねー明日は雪山か!?なんて冗談ですが。
「番屋山」雪は降っても標高はなんと933m。この山でまさかの展開でした。
もちろんさっさと下山します。
なかなか来た道は良くなかったので新しい看板で周回できるような感じだったので行ってみました。
結局すぐに急な尾根。これを避けたかったんだけどな、、、
鞍部に着いたらあとは余裕!かと思いきや〜ナンジャコリャ。まあ難しいわけではなかったですが。
しばらくトラバースを続け八十里越えの道へ出て車へと戻りました。
約3時間の歩きでした。車に乗ってホテルへ向かう道中は大雨。これもきっと日頃のおかげですね。笑
2日目は5時にホテルを出て6時登山口となる大江大橋。
さあ覚悟して臨んでくださいよ!さあ、いきましょう!

(登山口となるダムは工事の為、人も車も通行止のため別方向からアタックします。)
旧道を少し歩いて橋を渡っていきます。
橋の端からすでにいい雰囲気を出していました。分かる人にはわかるはず。
写真のここに来るまでですでに一仕事。笑
さあ。。道はどこかな〜?
いいえ、そんなものはありませんよ!パワーゾーンの大好きな藪漕ぎです!
方向がわからなくなりそうな平らな場所からなんとなく尾根へ。この辺りは野生の勘を研ぎ澄ませ進みます。この辺りはまだマシ?
出発から1時間!尾根に乗ると獣道でしょうがなんとなく道。
これは案外あっさり行くのかな?
でもやっぱり甘くない。そこからの道の無さ。
急になくなり過ぎでしょう。おーい。どこ行っちゃったの?
ということは猛烈なやぶ。雪の多い地域なのでしなやかな地面を這うような灌木。全身運動で粘りますがペースがガクッと落ちてしまいます。
だいぶ高度を稼いで来ましたねー
景色はGOOD!
薮・薮・薮。
踏み跡は皆無ですね。

見た目以上に手強い(T . T)
3時間近く歩いて登山道合流まで1時間強かな?その先も現在どんな状況か不明。
まだタイムリミットなわけではないですが全員で相談会。すると大雨という自然のサインを感じ、残念ですが全員一致で撤退判断。

なんとか違う尾根に降りないよう気をつけて無事下山。
下山後はあったかいラーメン食べて刃物観光して宿へ入りました。
昨日までは雨。
最終日の今日こそは晴れてーーー

最後に挑むのは「日本平山」。
7時出発!
今日は昨日と180度変わってとっても明瞭な道。
これが普通なんですけどねー笑
似たような道を延々とダラダラ登っていきます。
これはこれで大変。長いよー。

やっぱり藪漕ぎのような大変な山の方がいい!?
この山も基本的にドロドロ?ぬるぬる?
大池を越えればこういう小さな沢をいくつもいくつも越えていきます。

このヘツリのような道がなかなか悪かった、、、
落ちないように気をつけてお願いしますね。
やっと着いた〜11:30前に到着!
刈り払われているおかげでこの三日間待ちに待った展望が!
飯豊などなど白くなった大きな山がどーんとカッコよくそびえています。
のんびり景色を楽しんで15:20下山。
少し移動して「さくらんど温泉」にてさっぱりしてから燕三条駅18時前に解散しました。
3日間本当にお疲れ様でした!

ページトップへ戻る