山のぼり ツアーレポート

2017/11/26  南山クラミングセミナー

トヨタ自動車で有名な?愛知県豊田市の郊外にある岩場=南山(なんざん)丘陵地帯にある岩場ですが標高が低いので冬も比較的暖かく、雪が降るなんてことはほとんどありません。
でも、やっぱり11月からは朝夕は寒い。そんな南山に初めてクライミングをする方々が集結。楽しい1日を過ごしました。

神奈川県から1泊2日で参加のOさんをはじめ4名のゲストでスタート。
個人的にジャンダルムの縦走レベルの経験がある方達ですから一般的には上級登山者のみなさん。でももっと技術レベルを高め、難度の高いルートを登りたいという思いに駆られたようです。
朝、寒い日だったのですが、駐車場は満車。
駐車場から歩いて2〜3分で岩場に取り付ける好環境ですから人気がある岩場ですね。
それに何と言っても初心者の方のトレーニングに適した岩場なんです。
真剣な眼差しでロープワークを学び取ろうという鷹の目。

殺気すら感じる眼光! 集中してますね〜
ちょっと早いですが11時30分にランチタイム!

午前中、岩場はたくさんの人がいましたので、駐車場で基礎トレ。
ランチのあとは実践クライミング!
昼食時になってちらほら岩場に空きができたので、ロープ2本をセット
残された時間は3時間30分

この時間でお一人5本の合計高度差約180mのクライミングです。
今年からガイドトレーニングで以前にも増してパワーゾーンに深い関わりを持ち始めた「まどか」
カメラを向けると・・・意味なく笑う女子です。そう女子です。
女岩はおおよそ高度差33mの岩場。
もう一枚の岩場は男岩。やっぱり高度差は33mほどです。
最初は「はじめてでこんなところ登れるのか〜?」なんて言っていたゲストの皆さんですが、登る毎に上達していく自分に気が付き、最後の方はすおく積極的でした。
上部を拡大。

上部は傾斜が緩むのですが、しっかり掴むことができるホールドが少ないスラブ。
慣れないと難しく感じますね。
傍ではどこかの山岳会?の人たちが雪山に向けたアイゼントレーニング中でした。
冬の岩壁クライミングは雪と氷と岩のミックスクライミングですから、事前にこんな感じのトレーニングが必要なんです。
”登っては降りて、また登って”を繰り返し、充実した1日を終了
春から集中して登れば来年の夏にはクラシック(クライミング)ルートに挑戦できますから、よろしくお願いします。

ページトップへ戻る