山のぼり ツアーレポート

2018/5/26  日本300名山の高塚山と大札山

初日は1時間半ほどのハイキングで大札山へ。

2日目は三百名山の高塚山へ。天気も予報よりも良くなり、新緑とシロヤシオに癒されながら高原歩きのような歩きやすい登山を楽しんできました!

10:45に島田駅に集合しておよそ1時間半、大札山の登山口まで移動。

大札山まではかろうじて舗装されているものの、落石がゴロゴロ。
そしてその先、高塚山の登山口である山犬段までは写真のようなダート道。。車で通れるだけマシですが、石は鋭利だし、ゴスゴス腹は擦るわでタイヤと車が痛む〜!!自分の車で来たくないですね(自分の車ですけど、、、泣)

このコースの核心部分ですね。
今回は一番早い肩コースから大札山に登ります。約45分で山頂ですが、割と急な登り。何時間もかけて移動してきた体には結構堪えます。

道自体はしっかり整備され、たくさんある樹種にも看板がかけられ自然園的な雰囲気。
今年は冬の終わりが早かったせいか、名物であるシロヤシオには残念ながらちょっと遅かったようで、ここでは花は見られず。
40分ほどで大札山1373.6mに到着!
黄砂のせいか景色は霞んでましたが、富士山のシルエットはなんとか確認できました。

パワーゾーンのツアーでは滅多にないぐらいの大休止をして(笑)北尾根コースから下山。
15時に本日の宿「ウッドハウスおろくぼ」に到着。
ログハウス風の素敵な宿で、天文台も併設されています。

宿の周囲には周遊コースも整備されていて、宿から20分の白羽山まで行くちょっとした散歩も楽しめます。
翌朝、宿の朝食時間が8時と少し遅かったので、朝食代わりのパンを前日にいただいて7時前に宿を出発。

ダート道をパンクしないように慎重に走り、7:40 山犬段から登山開始。
思っていたより天気も良くなり、涼しい風もあって絶好の登山日和!
登山道も広く良く整備され、とても歩きやすい!
なんだか、いつものパワーゾーンの山ツアーっぽくないぞ〜?(笑)

蕎麦粒山まではブナの大木が生い茂り、適度な日陰をつくってくれているので登りが苦になりません。
およそ45分で蕎麦粒山1627.1mに到着。

天気は最高でしたが、遠くはちょっと霞みがち。。
一応富士山の輪郭はわかりましたけどね。
蕎麦粒山からは少し急な下りを経て五樽沢のコルへ。

地図によるとこの辺りからシロヤシオが綺麗なはず。
期待しながら歩いていると、シロヤシオにご対面!

「この世の楽園」という評判通り、シロヤシオのトンネルをくぐるかのような道は何度でも来たいと思わせてくれますね!
どこか大台ケ原を思わせる登山道を楽しみながら、9:50に三ツ合山に到着。

奥に黒法師も見えています。
三ツ合山から高塚山への道もご覧の通り!

気持ち良い新緑歩きがずっと続きます!
シロヤシオは満開を少し過ぎ、場所によっては落ちた花が絨毯のようになっていて綺麗でした!
特に大変な場所もなく、ハイキングのような雰囲気のまま10:35高塚山1621.1m到着!
実は途中の蕎麦粒山のが標高高いんです。
本当に高原散策のようなとても登りやすい山でした。

帰りはさくさく降りて13時に下山。
大井川沿いの温泉にゆっくり入って予定より早く解散。
「三百名山、こんな山ばっかりだったらいいのに!」とゲストの心の声が聞こえてきました(笑)
皆様お疲れ様でした!

ページトップへ戻る