山のぼり ツアーレポート

2018/5/25  大無間山と竜爪山

初日は足慣らしで竜爪山、二日目は大無間山に登って来ました!

大無間山は、南アルプスの深南部に位置し、200名山に含まれています。
とにかく長いことで有名な大無間山ですが、やっぱり長いですね〜
今回は約15時間ほどの山行となりました。

近年崩落が進んでいるらしい・・・
と、心配していた崩壊地も、結構しっかりと踏み固められている上に、お助けロープがあるので、問題なく通過できました(*^^)
長旅お疲れさまでした!!

1日目

静岡駅に10時に集合した後、車で竜爪山の登山口「竜爪山穂積神社」に移動します。

【11:10】穂積神社より登山スタート
神社の本殿裏より登山口に入ります!
20分ほど歩くと、突然階段が現れます。
そしてここからは、階段に次ぐ階段!
歩幅もちょうど良く、歩きやすいのですが、長いんです。

結局、山頂手前の分岐までほとんど階段でした(笑)
【12:00】分岐
竜爪山は、文殊岳と薬師岳、二つのピークを合わせて竜爪山と呼びます。
手前に薬師岳、本峰が文殊岳です。
ここまで来れば、どちらもすぐそこ♪

分岐から5分ほどで薬師岳を通過、【12:20】竜爪山文殊岳到着〜

ベンチとテーブルが沢山ある広い山頂でくつろぎ、【12:45】下山開始。
下山は、途中からは階段脇にある登山道を下りました。

【13:30】穂積神社に到着!
ここから井川の「大西屋旅館」までは、休憩を含めて3時間ほど・・・

【16:40】大西屋旅館到着
翌日は早出!美味しいご飯頂き、早めの就寝です(*^^)
二日目

おにぎり弁当を頂き、3時に宿を出発!
田代にある公衆トイレの駐車場に車を置き、諏訪神社の鳥居をくぐります。
そこから一段上の林道にある登山口を目指します。

【3:30】登山口
さぁ、長い一日の始まりです!
日の出は4時30分頃ですが、鬱蒼としているので、ヘッドライトを仕舞ったのは5時頃でした。

小無間小屋までは急登が続きます。
ここまでで標高差1100m程を一気に上がります、朝からハードです(笑)
【7:00】小無間小屋
小屋の手前に広場があり、テントが一張り・・・
小屋をのぞいてみると、ザックが一つ・・・
やはり200名山、人気なんですね!

この方々以外にも何組か見かけました。
中には、大無間の先の三方嶺でテン泊ピストン、というパーティも。
色んな楽しみ方がありますね〜(´ω`*)

小無間小屋から先は、急な下りと急登の連続です!
というか、大無間は基本急登ですね(笑)

鋸歯はその名の通り、岩っぽい細かいアップダウンがあります。

【8:30】問題の崩壊地に到着!
年々崩壊しているようですが・・・
ロープも新しいので慎重にいけば問題ありません。

崩壊地の手前にちょうど良い場所があるので、そこでハーネスを装着!
スリングでもオッケーです(*^^)
出だしが「アリの戸渡り」のような感じで、そこを渡るとズルズルと滑る砂の急登、という感じです。
崩壊地の上部もやたらと急で、木を掴みながら強引に登るような、登山道でした。
この急登を越えれば小無間です!

【9:45】小無間山
登山開始から6時間ほどで小無間山に到着です!
ここからの道は、アップダウンが少しソフトになります。
小無間山を越えると、たまに大無間山が見えるようになるのでテンションもUP!

中無間山までは45分ほどで到着。
このピークには、虎ロープが張ってあります。
北側に迷い込まないように注意しているのだとか・・・確かに踏み跡がありました。
大無間山へは、西に進みます〜
中無間山からも地味に長かった!
【11:45】大無間山に到着!!

しっかりとした看板とともに、ばっちり記念撮影を!!
「もう絶対来ないから!」・・・ですよね〜(笑)

20分ほど休み、下山開始。
「登り返しが7回あるので、あと5回ですね〜☆」

「え!あと5回も!?(´-`)」

なんて言いながら頑張りました!!

中無間山を13時に通過、小無間山には13時45分頃に到着です。
ここから例の急坂&崩壊地が待っているので、気を引き締めてかかります!
時間はかかりますあ、危ない所はロープ確保して慎重に下ります。
残置ロープも大活躍でした!感謝!!

白ヤシオ&白いイワカガミに癒されながら、小無間小屋までガッツリ登ります。
【16:45】小無間小屋
さぁここから標高差1100mの急坂です、疲れていますが、頑張って下りましょう〜!!

【18:40】登山口に到着
大西屋旅館に戻ったのが19時頃でした。
三日目

ゆっくりと朝食を頂き、ロングドライブを経て11時30分頃に静岡駅にて解散しました。

皆さま本当にお疲れさまでした〜!!

ページトップへ戻る