山のぼり ツアーレポート

2018/5/29  山伏岳〜小河内山〜青笹山〜青薙山縦走

南アルプス深南部、山伏岳から青薙山縦走をしてきました!
今回は縦走で通り抜けの為、車ではなくバスとタクシーでのアクセスとなりました。
一泊目は山伏岳避難小屋、二泊目は小笹平にてテント泊、三日目に下山という日程です(*^^)

天気が微妙で、ギリギリまで予報とにらめっこしていましたが、予報を信じて進むことに。
「絶妙なタイミングでの雨で良かった(^-^;」
という結果でした!

雨も微妙でしたが、青薙山手前の崩壊地が激しかったのが印象的ですね!

一日目
静岡駅にて10時に集合、梅ヶ島行きの静鉄バスに乗り込みます!
山道を揺られること1時間40分ほど・・・

【12:25】バス停「新田」に到着

道路が工事中の為、歩行者用迂回路を通り、山伏岳登山口まで林道をテクテク・・・

【13:30】沢を渡ると登山口です!
わさび田があるようで、ネットで囲われた空間がちらほら見られます。
すると、突然現れる巨大な岩群!

【14:30】大岩
気持ち程度のつっかえ棒がたくさんありました(笑)

急登もありますが、山伏岳自体はよく整備されていて歩きやすいです(*^^)
山伏岳手前の分岐を過ぎると、避難小屋までは10分ほどです。
立派な小屋です!
雨戸を木でつっかえ棒にして持ち上げると、光が入り良い感じに♪
水場も小屋から下ったすぐの所にあり、便利です。

小屋から少し上がり登山道に出ると電波が入り、目の前には大無間山が望めます(*^^)
二日目

朝5時に出発すべく、4時頃起床。
天気予報も変わらず、ちょうどテント場に着く頃から雨の予報・・・その後夜中に雨は止むということなので、行くことに!

【5:00】出発
小屋の温度計では7℃ほど、少し肌寒いが歩くとちょうど良い気温です。
分岐まで20分ほどで到着。

そこから山頂まではすぐそこ!

幻想的な富士山を眺めながら

【5:30】山伏岳
山伏岳からは、西に延びる急な尾根をくだり、一旦舗装された林道に出ます。
【6:00】大笹峠

林道を横断し、看板の左側から踏み跡を辿ります。
細かなアップダウンを繰り返しながら進むこと約2時間・・・
【7:50】小河内山到着
熊の気配や鹿の鳴き声もよ〜く聞こえました。

【9:20】水無峠山

【10:17】青ガレ山
水無峠山〜青ガレ山までは山名看板はありませんが、目印と言わんばかりに木にテープが巻いてあります(*^^)
そして、遂に雨がパラ、パラと。
この時点では降ったり止んだりですが、本降りになる前にテントを張らねば・・・!

サクサク進んで、青笹山に11時頃到着!!
青笹山からイタドリ山までは1時間程。
イタドリ山からテント場の小笹平まではすぐそばです!

【12:40】小笹平に到着〜
ささっとテントを張るうちに、少しずつ雨が強くなってきました(^-^;

先に水場に行ってしまおう!ということで、笹っ原を100mほど下ります。
始めは広〜い沢を下ると、どんどん細くなっていき、涸れ沢が現れます。
そのまま辿るとすぐに水場の登場!!

なんと鹿さんの骨が!!ワイルドです・・・
もちろん上流で取水しました(^-^;

水場までは、下りは7分、登りは15分というところでした。
三日目
雨は深夜早くに止み、風も吹いていたので、朝食の間にテントはほとんど渇きました!

【6:00】小笹平より出発〜♪
目指すは青薙山!
本日も、いきなり獣道風の急登でスタート!!
そして突然現れる崩落地!!

【7:30】崩落地
ここでロープ&ハーネス代わりのスリング登場です!
とにかく砂がボロボロと崩れます。
危険個所は2ピッチ。
1ピッチ目は、まだ足場がしっかりしています。
問題は2ピッチ目・・・ボロボロ崩れるナイフリッジの先に、同じく崩れる段差。
ナイフリッジは、一歩目が一足分しか足場がないので、四つん這いスタイルで何とか通過(^-^;

ザックを背負ってのナイフリッジは厳しいので、ザックは別で上げました!
崩落地通過までに1時間30分ほどかかりました。

どうやら鹿が通って崩しているようですね・・・来年はもっと崩落しているかもしれません。
崩落地通過後も、薄い踏み跡を辿ったりショートカットしながら、急登を詰めていきます。

【9:50】青薙山
ここでようやくホッと一息。
崩落地の先の斜面も、転がったら崩落地に一直線という、スリリングな状態でしたので・・・
ここから先は基本、下りです!

14時30分に、畑薙第一ダムゲートで、タクシーと落ち合うことになっています。
青薙山からの下りも、中々見ごたえがありました!
コバイケイソウやカニコウモリの群生地があったり、赤崩の崩壊地がまた、とんでもないスケール感でした(*^^)

そしてまた雨が降り始めます・・・
この日はすぐに本降りになって来ました。

【11:50】池の平
確かに平な水たまり、もとい幅の広めな沢がありました。
池の平から下がまた急坂でした。
ロープが張ってあるところもいくつかあります。
雨で滑りながら、慎重に進みます。

【13:15】畑薙湖登山口に到着
ここからは林道を進みます。

【14:30】畑薙第一ダムゲート
時間ぴったり!ゲートに到着です!
静岡中央タクシーさんのジャンボタクシーに乗り込み、オプションで途中の白樺荘で入浴し、静岡駅に向かいます。

【17:30】静岡駅にて解散。
皆さま、お疲れさまでした!!

ページトップへ戻る