山のぼり ツアーレポート

2018/7/17  大猫山〜猫又山〜釜谷山と中山

富山県にあるマイナーなお山へまたまた行って来ましたよー
マイナーで道もヤブっぽいし遠いんですが、絶景を眺めながらのテント泊。
これは山好きなら一度はチャレンジしたいお山です!

富山駅に11時集合し、コンビニに寄って1時間強で馬場島へ移動。
お世話になる馬場島荘に駐車して周回コースで帰って来ることにしました。
とにかく暑い。暑い。
立派な立山杉を見ながら、風もなく暑い暑い登りをかんばります。
途中はほとんど展望のない山ですが、中山の山頂はすっきり。
剱岳がどーーーんと見えるはずでしたが、暑すぎて雲が湧いちゃってますね。残念。
初日の足慣らしを終え、番場島荘で宿泊。
二日目からはテントでの縦走です。
今年は暑すぎることもあり5時に朝食をいただけました。5:40。徒歩で山荘を出発。
五分も進まないうちに工事のため通行止めゲート。車で通れれば楽なのにな、、、
40分ほどの林道歩きを終え登山口。
実はこの写真に写ってます。
一般の方がここをわからずに数時間をロスと言うのも納得。笑

まだ早朝のはずが早くも暑すぎます、
出だしから激しいです。
先が思いやられます、、、
急登に加え、生い茂った草木に猛暑のトリプルパンチ。

でも振り返ると絶景!
疲れも吹っ飛ぶ!(ガイドだけか?笑)
急登をとにかく登ること数時間。
後ろに写っているのが大猫平と呼ばれるところです。
まだいまはほとんど雪渓ですが池塘になって幻想的な風景になるとか。
お花もたくさんあるお山ですよ〜
そして歩いてきた稜線を振り返る。
昼はやはりガスが湧いてしまいますね。
でも太陽が陰ってくれてありがたい!
大猫山のはっきりとした看板が見つけられないまま歩き続け、樹林からひょっこりと出ると、いつの間にか、いや、やっと猫又山直下まで来ていました!
この暑さで心配した水もまったく問題なし!よかったー
直下の少し平らなところでテント設営。目指す釜谷山がカッコ良くそびえています!

今日はペースが上がらずテン場についたのは3時半過ぎ。余計な荷物を置いたりして出発は4時過ぎになるけど、明日の行程も考えれば今日行きたい。幸いにして日は長いし7時に帰ってこればなんとかなる!
悩んだ末、最低限の荷物を持って頑張ることにしました。夕方4時過ぎもう一度出発。
使えるところは雪渓でサクッと。
雪が緩んでいてありがたい。でも油断すると結構な距離止まらなさそうなので慎重に。
振り返った写真なので見えているのが猫又山です。
踏み跡と雪を交えて約1時間半。
今日はちょっと歩きすぎたかな?と心配にもなりましたが、山頂での皆さんのこの笑顔を見て吹っ飛びました!
最高の景色とともに、お一人富山100山達成されました!黒部別山も共に戦いましたね。本当におめでとうございます!!!
早く降りないといけませんがせっかくなので滞在は6時までは許可!笑
1時間で戻りちょうど7時にテン場へ!
そして最高の夕焼けを見ながら夕食を食べ就寝。
満点の星空も見れました。贅沢な一夜でした。
今日は本当にお疲れ様でした。
さて2日目もスッキリした青空で気持ちのいい朝です。4時に起床してのんびりご飯と撤収。5時半出発!

朝は流石に雪渓も固めなのでできるだけ避けて進みますー
なんとかアイゼンなしでクリアしてどんどん下って行きますー
向こうに見えるがの登った尾根。あんなに長いし大変なわけですねー
足元が見えにくい所や急なところをいくつも超えブナクラ峠へ。
テン場より2時間半ぐらいかかりました。
峠より歩いてきた方面。見えているところを歩いてきたはずが全然道が見えませんね。笑
峠からほんのすこしだけ岩セクション。
すぐに左の樹林へ入りますーここはいい風があって涼し目!
そこから雑草が鬱蒼とした道をひたすら下ります。
日差しが強烈で風もない。下ってるだけのはずが大汗です。
沢が出てくる度に水浴びをして熱中症対策。
何度か飛び石で渡渉をして、川か道かわからないようなとこを通り、相変わらずの雑草と猛暑と戦い11時半頃、林道まで戻ってきました!笑
昨日の疲れもありゆっくりですが無事戻ってこれました。
最後の最後、暑い林道を頑張って戻りましょう。
無事12時半前にお世話になった番場島荘へ。
わざわざ我々のために入れていただいたお風呂でサッパリ!の前にみんなでジュースで乾杯!あっという間にに飲み干しました!笑
本当に何度暑いと言ったかわからないほど暑く大変な山でしたが、最高の天気と景色で素晴らしい山でした!
3時頃富山駅にて解散!お疲れ様でした。

ページトップへ戻る