山のぼり ツアーレポート

2018/8/22  北鎌尾根縦走 vol 2

連続で北鎌尾根に行けと言う鬼の所業のパ○ーゾー○
あッ別に愚痴ってるわけじゃないですよ、仕事があるっていうのは幸せなことっッス(笑)

台風が近づく中でしたが、核心日は文句のない晴れて
気持ちのいい北鎌尾根でした!

持ってるな〜〜俺!


4日前に来た横尾山荘にまたお邪魔しまーす!

初日、雨の中の横尾までのダルい道のりか・・・とゲンナリしてましたがほとんど降られず到着
幸先よし!

鬼の所業の2回連続の疲れはここでたっぷり寝て解消です(笑)!
2日目の予報も雨模様

明日は晴れ予報で、今日も午後ほど良いとの事なのでゆっくりと【7:00】に横尾を出発
予報通り重い空

【9:40】水俣乗越分岐
【10:55】水俣乗越
登りで小雨に遭いましたが本降りにはならず。
年々悪くなってる気がする天上沢への下降の一番最初

ズルズルに滑る足元に気を使いながら何とか切り抜けます。
前回はカラカラに乾いていたけど、今回は適度に湿っていて少しマシか?
全く残雪のない天上沢は最初さえ終われば、後は楽勝

早く着きすぎても暇なのでのんびり歩いて・・・・いても【13:20】には北鎌沢出合いに到着
ゆっくり出発してゆっくり歩いてもこの時間か。

雨が降るテントだと、ぐっと不快指数があがりますが予報通り天気は回復傾向
なので快適なアイドルタイム
日没直前には、秋の高空を思わせる雲が空に浮かび

大きな岩の上で大の字になってそれを眺めながら「よし明日は晴れだ!あとは無事に登らせてください槍ヶ岳様」
とお願いして就寝



アタック日
【3:00】起床 【4:20】出発

何回来ても、暗闇の中の出発は緊張しますね。
少し雲がありましたが予報通りの天気

北鎌沢は前回のツアーレポートにもあるように、7月の大雨のせいか随分渓相が変わってます。
以前にも増して難易度が上がった気がする。
まさにこれが北鎌の核心じゃないか?と思う登りを終えてコル着【6:20】
2時間を少し切るタイム!今までの中で最速!

嬉しさのあまり?意味不明のポーズMさん(笑)
ともかく今回のゲストは強いね。これなら昼頃には抜けられるかも。
最初のの歩きは少し険しい登山道と言った所

しかし中々の急登でしんどい・・・。
登ってきて視界が開けるとご覧の展望!!
【7:25】天狗の腰掛けの手前のピーク到着
【8:20】独標基部に到着

早い!!

写真は基部手前からの独標
デカく険しい立派なお姿
どこ登るの??って感じですが左のリッジを登るか中腹を巻く道があるんです。
今回は足前もすこぶる良いし、人数も少ないので独標に登ることに決定

独標への登りは3P
最初が少し難しいですが、そこを抜ければあとは高度感のあるリッジ登り
一汗(冷や汗?)をかいて登れば独標へ【9:25】

ここまで来ると槍ヶ岳もドーーーン!!

早く着いたし、天気も上々だししっかり休憩
独標から先は槍ヶ岳を眺めながらアップダウンアップダウン

小ピークをいくつも越えます。
独標がP10で北鎌平がP15(だった気がする)

写真はP13?14?まぁその辺です(笑)【11:45】
中々近づかない穂先
北鎌平を過ぎると登りになり穂先の基部へ

見上げる穂先
やっぱりデカいね〜!
順調に来たので時間も早い
最後の登りの前にしっかり休憩【12:30】

北鎌に入る前の天気が悪かったせいか、台風が近づいているせいか他に登っている人は見当たらず貸切の登り!
贅沢だね〜天気もいいし!
休憩後穂先へGO!!

ほとんどは歩いて登れますが、2箇所ちょっとクライミング
写真は有名?な最後のチムニー

お二人共余裕のピースサイン(笑)
足前がいいからあっけなく穂先に着いちゃいました【13:30】
んん〜〜早い!!今までの最速タイ記録!

穂先にいる人たちの羨望?の眼差しを受けての登頂はちと恥ずかしい?(笑)
少しガスが湧いてきて展望は今ひとつでしたが、ここまでいい景色をたっぷり見てきたからいいか。

山頂の写真をパチリと撮って、少し順番待ちをしながら山荘へ無事下山
もちろん祝杯を上げた事は言うまでもなし!
祝杯と食事を終えて
ほろ酔いで眺めるサンセット

槍ヶ岳さま、いい一日をありがとうございました!

ページトップへ戻る