山のぼり ツアーレポート

2019/4/7  残雪の西穂高岳

今年も行ってきました、毎年恒例の積雪期の西穂高岳登頂ツアー。

ツアータイトルは残雪ですがこの時期は新雪の時も少なくない!

昨年は大雪で残念ながら敗退。

今年は新雪はそこまで多くはなく、爆風でしたがなんとか登頂!

厳冬期の山といってもいいコンディションでした。

初日は超〜快晴!
明日は、、、、笑

14時発のロープウェイに間に合うように、新穂高のチケット売り場に集合。
文明の利器に頼ってサクッと標高2150mへ!
こんなにいい天気なのに今日の行動は西穂山荘までの1時間強だけ。もったいないね。

宿に入って、明日はどんな天気になるのかな〜???と言いながらも予報で一喜一憂していてもしょうがないので、もちろんビールで乾杯!笑
どんなに悩んだってなるようにしかなりませんのでね!

さあ明日に備えておやすみなさい。
朝5時の朝食を頂いて6時出発。
夜中は凄まじい風でしたがあら?だいぶマシ!?
なんだか明るいし行って来いって事ですね!?
さあ行けるとこまで頑張りましょう!
下の方は明るいが、行く方向はご覧の雰囲気。
なんだか不気味ですが、ぶっ飛ぶほどの風ではないのでゲストの希望もあり続行!
そしてすぐに、まるーーーい山の丸山。
何度来ても通過。笑
どう考えても山らしくないんですもん。
丸山からの登りはまあまあの風。

続いてこちらが独標。
こんな条件なので少し手前から岩も出てくるしロープが登場してます!
ガイドっぽいでしょ???笑

それにしても例年より雪がたっぷりです。
登りきったらさっきまでが嘘の様に無風の独標の上。
帰りもなぜか弱風。
とっても不思議な感じ。

今日の天気だと独標までかなーと思ってましたが、
幸か不幸か直前キャンセルが相次ぎゲスト1名ということもありまだ行けるなと続行。
あんまり休憩を取らなかったこともあり、あっさりピラミッドピーク。
この先が意外と長いんですけどね、
山頂の方は嫌な感じだなーと思っていたら、予想通り山頂に近づくにつれ厳冬期の様な吹雪へ。

でも、ここまできたら行っちゃいたいのが人間!笑
そして無事登頂!

今回は気温がそこまで低くなかったので助かりました。
流石に厳冬期並みの気温なら凍傷、低体温などなどのリスクが高すぎて無謀な行動。
登りたい気持ちはわかるけど、皆さんリスク管理はお忘れなく!!!
下山はなかなかのホワイトアウト、さらに吹き上げる風に乗った雪で顔がパチパチ。
やっぱり冬山って登り甲斐あるな〜〜笑

休憩もほぼなく一人だけだったので10:30無事に山荘へ戻って、ストーブであったまりながらあったか〜い西穂ラーメンを頂いて1時前には車へ下山。
厳しいコンディションの中、お疲れ様でした!

ページトップへ戻る