山のぼり ツアーレポート

2019/4/5  御前岳と大洞山

岐阜県は平瀬温泉から登る一等三角点の御前岳。
一等三角点としては最難関と言われるこの山、昨年は春の豪雪に阻まれ無念の敗退・・・
今年も、二日ほど前に積もった雪に苦しめられました。

予備日の三日目をフル活用し、登頂できたのでした・・・!!

一日目
【9:30】名古屋駅に集合した後、車で大洞岳の登山口に向かいます。

【11:50】大月の森キャンプ場から少し先の林道より登山開始!
昨年よりも荒れたダートを進みます。
15分ほど進むと、林道終点に到着!

ここからは沢沿いに、ピンクテープを辿って行きます。
途中派手な倒木がありましたが、スルッと避けて通ります。
整備されて歩きやすい登山道を進みます。
途中から尾根に乗り、良い風に吹かれながら爽やかな登山を楽しみます。

【13:10】大洞山山頂
一等三角点が鎮座しています。

山頂から分岐し、林道終点を目指して尾根をズドンと下ります。

1時間ほどで下山しました。
今回のお宿、平瀬温泉のくろゆり荘までは1時間30分ほどの移動です。
二日目
宿でおにぎり弁当を頂いて、5時に白弓スキー場に到着しました。
二日目から参加のゲストと合流し、スキー場の駐車場からスタート!!
【5:45】スキー場トップに到着。
この辺りからちらほらと雪が見られます!
でもまだまだ少ない・・・
目的の沢の入り口に向かって藪を漕ぎます。
スキー場上部の沢はこんな感じです。
下山時に撮った写真なので踏み跡がありますが、登りはツボ足で半ばラッセル状態でした(^-^;

沢を詰めて尾根に乗った所で7時30分。
結構時間が掛かりました・・・
ここから、背負ってきたスノーシューを装着!
2日ほど前に積もった雪が沈み切らず、でもザラメにはなっているのでズボっと嵌る感じです。
重雪でスピードが中々上がりません・・・

結局この日は、1750m・尾根の合流地点の少し手前で10時頃・・・
このペースでは間に合わないという判断で引き返しました。
翌日のリベンジの為、体力を温存&踏み跡を硬めながらゆっくり下山します。
沢の上部までは1時間ほどで下りました。下りは早いものです・・・
沢に入る所だけ急なのでロープを使用しました。

さらに緩んでズボズボの沢をゆっくり下ります。
下りはスキー場をまっすぐ、藪に突っ込みながら下りました!

【12:45】スキー場駐車場に到着

下山後は、翌日の行動食を求めて白川郷のコンビニに行って来ました。
三日目
去年敗退したゲストにとっては三度目の挑戦です。
少しでも成功率を上げるため、この日は3時に宿を出発。
ガッツリヘッドライトで歩きました。

【5:10】尾根に乗っかります。
またしてもここからスノーシューを装着〜!
昨日よりも時間が早い分、雪が結構締まっていたのが幸いです。
朝日が綺麗です。
この日はお昼頃に雨の予報なので、雪が良い状態の間に出来るだけ進みたい!!
ということで、休憩も程ほどにガンガン進みます。

昨日の最高到達地点には6時40分頃到着しました。
良いペースです!
尾根の合流地点から北上し、小さな尾根をいくつか越えて行きます。
三ノ谷を渡るため、1600mのコルから沢に向かって下降します。
【8:00】三ノ谷渡渉ポイント

ちょうど良い所にスノーブリッジがありました!
なだらかな尾根に取り付くと、赤テープがいくつか見られました!
【8:50】ついに・・・御前岳に到着!!
登りは6時間弱でした〜
雪が硬く、スノーシューが沈まなかったので良かったですね!
山頂付近は風が強いので、少し戻って休憩しました。

帰りも同じルートを辿って戻りますが、気温が上がり急激に雪が緩み始めます(^-^;
結局ズルズルの春雪を歩くのでした・・・

【12:40】沢の上部まで戻って来ました。
昨日と同じく、ここだけロープを使って沢に入ります。
相変わらず一歩ごとにズボット嵌りこむ雪です。
ここまで来たら焦らずマイペースで安全に下るのみ!
沢の入口付近はすっかり雪が融けました。
14時頃スキー場のボトムに到着です。

【17:00】名古屋駅にて解散!!
三日間本当にお疲れさまでした!!

ページトップへ戻る