山のぼり ツアーレポート

2019/4/13  残雪の男鹿岳ピストン登頂

この時期の恒例山行、男鹿岳に行って来ました。

今年は、林道の通行止め区間がいつものゲートより3kmほど伸びており、往復で2時間プラス!
ツアーの前の数日間に降雪があり、尾根の取り付きからは軽くラッセルでした(^-^)
やっぱり林道歩き+2時間は長いですね・・・お疲れさまでした!!

初日は、会津高原尾瀬口駅からほど近いお宿『夢の湯』さんに、17時に集合です。
チラッと登山口がを下見に行くと・・・
なんと!いつものゲートの3.5q手前にしっかりとしたゲートがありました。
仕方がないですね、片道1時間余計にかかる&積雪があったことを考え、出発は3時30分に決定。
宿からゲートまでは20分ほど。
積雪情報があったので一応スノーシューを持って、4時頃出発〜!!

しばらくは雪は見当たりません。
車も余裕で通れそうな林道を歩くこと1時間・・・
【5:05】二つ目のゲートに到着
二つ目のゲートの先からチラホラと雪が見られるようになります。

更に1時間、6時頃にはすっかり雪道に。
この辺りで、積雪もそんなにないかな・・・!という判断でスノーシューをデポします。
雪のせいなのか、台風の影響かは分かりませんが、林道が荒れまくりです。
土砂崩れあり、林道自体が抉れたところもありです。
【7:00】尾根の取り付きに到着

ご丁寧に赤テープが付けられていました(^^)
登りやすそうな所を選んで行きます。

ここからは少し積雪量が増えます。
吹き溜まりと、ほどんど地面が出そうな薄雪もあり、極端でした。
振り返って一枚。
ちょっとしたアップダウンもあります。
狭い尾根を歩くときは要注意!!
『切り株の周りにある空洞』にズボッと嵌ります。見えないんです。何回か地面に足が着きました(^-^;)
積雪が少ないので、落ちてもすぐに地面です(*^^)
高度が上がるにつれて、ラッセルが深くなっているような・・・
スノーシュー持ってきても良かったかな?でも雪が緩んでるから団子になって大変だったかも?
と、色々考えているうちに良い展望。
天気が良いので遠くまで見渡せました(*^^)
【10:20】男鹿岳山頂
登りは6時間20分でした。

お昼と展望を楽しみ、40分頃に下山開始〜
道中は、写真のような赤やピンクテープがいくつも見られました。

下りもズボズボです!
踏み抜きそうなところはそ〜っと歩きましょう!(*'▽')
12時頃、尾根の取り付きまで戻りました!
さらばズボズボ。
ここから、またなが〜い林道歩きです。
【13:30】二つ目のゲートに到着!
下りは早いものですね〜

でもここからは緩やかな下りなのであまり巻けませんでした(^-^;)

【14:20】置車ゲート
一旦宿に戻り荷物を回収した後、3時頃駅で解散となりました!
お疲れさまでした〜!!

ページトップへ戻る