目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

大無間山と竜爪山 Vol.1

登行途中から見た大無間山

◆◆◆◆  
小無間山直下にキケンな箇所あり。ロープで確保します
日本200名山 一等三角点峰 日本の山1000  


日程:2017年5月26日(金)〜28日(日)

●ガイド料:43.000円 

所要時間が長いため梅雨前の日中の時間が長い季節に設定。
近年、小無限山の直下のガレ地の崩壊がすすみ、危険なリッジが出現。
状況によりロープで確保して登下降します。
このためハーネス(=安全ベルト)の代わりに腰部に巻くことができる150cm以上のテープスリング、または腰部だけのベルト状簡易ハーネス、および安全環付きカラビナ1枚必要。
※ハーネス+安全環付きカラビナレンタルあります=1,000円(事前予約必要)
当日ガイドがお渡しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR静岡駅 10:00
●解散:JR静岡駅 12:00
●宿泊形態:民宿
●現地費用:宿泊代など約18000円
●その他:大無間山、竜爪山ともに一等三角点

     150cmスリング、または簡易ハーネス必要


[スケジュール]
@静岡駅=穂積神社…竜爪山(薬師岳・文殊岳)…神社=井川(歩2時間30分)
A…田代登山口…小無限山…大無間山(往復)…登山口=井川(歩14時間)
B=静岡駅(ただし、初日悪天候の場合、竜爪山にはこの日登ります)

  • 1日目は足慣らしに竜爪山(1041m)に登る予定。

  • 穂積神社から薬師岳を越え文殊岳へ。竜爪山は2山の総称

  • 宿泊先は古い建物だが、居心地はいい

  • 2日目、登山口をヘッドランプを灯して出発。往復14時間の登山がスタート。

  • 崩壊著しい小無間の手前の崩壊地

  • 崩壊地は危険箇所だ。
    ロープで確保して登下降する。

  • 小無限山付近からの大無間山。
    6月中は山頂付近で残雪が見られる。

  • 樹間から富士山も垣間見ることができる。

  • 小無限山周辺にには小さな岩場もある。緊張は春の花が癒してくれる。

  • 長い登行の末に辿り着く大無間山。
    登頂の歓びもひとしおだ

  • 山名標識も凝っている

  • 大無間山山頂の先には展望地もある。下山も危険な崩壊地を降りる長い行程だ。

  • ページトップへ戻る