目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【北アルプス・上高地】 六百山ピストン登頂

上高地から見上げる六百山

◆◆◆ 上高地を見下ろす不遇の山に登る 

日程:2017年9月28日(木)〜9月29日(金)

●ガイド料:26,000円  

予定の登行ルートは急峻なガレ場、簡単な岩場、短いながらもハイマツの薮コギがあります。念のためハーネス(簡易ハーネス可)をご用意ください。
混雑する秋の上高地のため、宿泊予約が比較的楽な日程としています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:上高地の指定宿 午後5時
●解散:上高地BT 15:30
●宿泊形態:旅館 
●現地費用:宿泊代など約11,000円
●その他:簡易ハーネスと安全環付きカラビナ必要
                「赤沢山・西岳・赤岩岳」から継続参加可
    


【スケジュール】
@上高地の指定宿に夕刻5時に各自集合
A…中畠沢堰堤…[ガレ沢]…尾根…[岩場]…六百山…堰堤…上高地(歩8時間)

  • 上高地の指定旅館に前日の夕方に集合

  • 河童橋の前に流れ込む中畠沢。通常はほとんど水に流れないこの沢が登路だ。

  • 浮き石が堆積する中畠沢。春は残雪を利用して登るが秋はガレ場の登下降

  • 秋は小沢の登下降となる中畠沢

  • 急な中畠沢から小尾根に取り付くと梢の先に穂高連峰が見え隠れ。

  • 急斜面に露出する初級の岩場。下りは場合によってはロープで確保

  • 頂上近くには小さな岩場の通過がある

  • 上高地を眼下にして秋も残雪期も最後のハイマツ帯をはヤブ漕ぎだ。

  • 焼岳(右)と霞沢岳(左)、そして穂高連峰が正面だ

  • 秋は三角点にタッチできるが、残雪期は雪の下だ。

  • 下山もロープを使用して安全を確保しながら上高地に下る

  • 下山してホッとしたところで見上げる六百山(春の写真)

  • ページトップへ戻る