目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【バリエーションプラン】 剣岳・北方稜線と池ノ平山 vol.1

累々と岩を重ねたような北方稜線

◆◆◆◆
初級のバリエーションルート 
日本100名山 日本の山1000


日程:2018年9月14日(金)〜17日(祝)
ガイド料:74,000円
   
 

天候などにより2日目に剣岳から北方稜線を辿る場合あり。
北方稜線は登攀レベルではないが初歩の岩登りが随所に現れるエキスパート向けコース。
池ノ平小屋から小窓雪渓など登りますのでハーネス、アイゼン必要。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:立山室堂BT 13:30
●解散:立山室堂BT 12:00
●宿泊形態:山小屋 
●現地費用:宿泊代など約28000円
●その他:剣沢小屋での集合・解散可(要事前連絡)
        宿泊の各山小屋にはシャワー・風呂があります    


【スケジュール】
@立山室堂バスターミナル…御前小屋…剣沢小屋(歩3時間30分)
A…真砂沢ヒュッテ…池ノ平小屋…池ノ平山(往復)…池ノ平小屋(歩8時間30分)
B…[小窓雪渓]…小窓…三ノ窓…[池ノ谷ガリー]…剣岳…剣沢小屋(歩11時間)
C…御前小屋…室堂バスターミナル(歩3時間30分)

▼写真、クリック拡大

  • 1日目、室堂から一般道で剣沢小屋へ。

  • 2日目、まずは残雪豊富な剣沢を降り池ノ平小屋を目指す。

  • 池ノ平小屋は裏剣岳の別天地。ここに行くだけでも価値がある

  • 池ノ平小屋からは鋸歯の八ツ峰を眺めながら池ノ平山へ。

  • 「日本の山1000」に掲載される孤高のピーク池ノ平山

  • 3日目、これから目指す北方稜線が赤く染まる

  • 小窓雪渓を登り小窓へ。
    ここからが北方稜線の核心部だ

  • 写真では理解困難だがワンスリップは致命傷となる小雪渓をトラバース

  • 小窓の王は巨大な壁。この壁を縫うようにして進む

  • 小窓の王を越えれば池ノ谷ガリー。ガラガラのガリーが行く手を阻むようだ

  • 八ツ峰のコルまで来てようやく剣岳本峰が頭を見せる(写真:八ツ峰)

  • 剣岳山頂で固い握手。この後、一般道で剣沢小屋に下山。

  • ページトップへ戻る