目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【日本三百名山の縦走】 妙義山(表妙義)縦走 Vol.1

妙義山の縦走は高難度ルート

◆◆◆◆ 
一般ルートとして紹介されるも完全なバリエーションコース
日本200名山・群馬百名山・日本の山1000  

●日程:2017年11月4日(土)〜5日(日)
●ガイド料:34,000円 
  

季節柄、宿が満室になりますので早めの申込みをお願いします。
ハーネス、ヘルメットなど必要。各所でロープ確保します。
マイカー参加OK。登山口に無料駐車場あり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR松井田駅15:45
●解散:JR松井田駅17:00
●宿泊形態:民宿(または旅館)
●現地費用:宿泊代、乗車賃など約10000円
●その他:下山後は登山口までタクシーで移動。
     悪天候時は最高峰「相馬岳」登頂後に下山。 


【スケジュール】
@松井田駅=宿泊先(妙義神社付近)
A=妙義神社…白雲山…相間岳…[鷹戻し]…中丿岳…中丿岳神社=妙義神社=松井田駅(歩10時間)

  • 前夜、妙義の宿に泊まり夜明けと共に出発。千畳岩でハーネスを装着

  • このコースは随所にクサリ場の登下降が出現する難度の高いコース。

  • 裏妙義の山稜の先には浅間山や北アルプスの山並みを望みます。

  • 目指すゴールは中の岳。遥かに遠い最終ピークです。

  • クサリはあるもののワンスリップで命の保証が無い岩場の連続。

  • もっとも厳しいのは「鷹戻し」と呼ばれるポイント。ロープ無しではとても通過する気になれません。

  • 稜線上にはこんなトンネルもあって気を紛らわせてくれます。

  • ゴールの中の岳山頂。でもまだココからの下りもクサリの連続。

  • 中の岳神社に降り立ちようやくひと安心。入浴を済ませて解散です。

  • ページトップへ戻る