目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【バリエーションプラン】 映画「点の記」ルートから目指す剣岳

長次郎雪渓を辿り長次郎のコルから本峰へ

◆◆◆  
剣岳の初登頂気分を味わいながら辿る歴史のあるルート  
日本百名山

日程:2018年7月10日(火)〜12日(木)
◇ガイド料:58,000円  

   

映画「点の記」で有名になった陸軍陸地測量部の登頂ルート「長次郎谷」から剣岳を目指すプラン。

高度差約1000mの長次郎雪渓を辿り長次郎のコルから山頂に至るルートです。

下山はコンディションにより平蔵谷雪渓を下降(予定)残雪の多い時期が適期。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●集合:立山・室堂BT 13:00
●解散:立山・室堂BT 10:30
●現地費用:宿泊代など約18000円
●宿泊形態:山小屋
●その他:ピッケル、アイゼン(10本爪以上)必要

      ハーネス、カラビナ、ヘルメット必要


【スケジュール】

@立山・室堂バスターミナル…みくりが池…御前小屋…剣沢小屋(歩3時間30分)
A…平蔵谷出合…長次郎谷出合…【長次郎谷】…熊岩…長次郎のコル…剣岳…カニの横ばい…平蔵谷乗越…【平蔵谷】…平蔵谷出合…剣沢小屋(歩9時間)
B…御前小屋…立山・室堂バスターミナル(歩3時間30分)
※2日目は剣岳北方稜線の一部を歩きます。

  • 室堂バスターミナルに集合のあと夏道で剣沢へ。残雪と緑のコントラストが美しい季節

  • 別山乗越の直下から奥大日岳とその先に大日岳を見る

  • 別山乗越から2泊お世話になる剣沢小屋まで正面に剣岳を眺めながらの下りだ。

  • 2日目、早朝に小屋を出発。残雪豊富な長次郎雪渓を登る

  • 長次郎雪渓中間部まで来ると大きな目標の熊岩。岩の右手から回り込み左の雪渓を辿る。

  • 点の記ルートの上部。振り返れば後立山連峰の山並みがつづく

  • 長次郎のコルに到着。写真中央の上の岩塔は源次郎尾根2峰

  • 残雪から解放され岩尾根を進み剣岳山頂へ。

  • 山頂でたっぷりと景色を楽しみ下山。

  • 剣岳山頂からは一般ルート、または平蔵谷を下降して剣沢小屋に帰る

  • 剣沢が近ずくとお花畑も多い

  • 剣山荘近くの池塘からの剣岳。ここまで下れば剣沢小屋は指呼の距離

  • ページトップへ戻る