目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

冬の八ヶ岳・硫黄岳〜横岳〜赤岳縦走

雪と岩と氷の八ヶ岳の稜線を縦走

◆◆◆  冬の八ヶ岳を縦走する   
     日本百名山 日本の山1000  信州百名山 
 

◇日程:2018年3月13日(火)〜15日(木)
◇ガイド料:58,000円    


◆マイカー参加の方で美濃戸口で12時集合(解散)の方は予めお知らせください。

初級の雪山登山で、特に横岳の鎖場の通過と赤岳からの下降ラインの一部が少々技術を要します。ここでは場合によってはロープで確保。

降雪状況により文三郎新道または地蔵尾根を下降。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR茅野駅 11:15
●解散:JR茅野駅 12:00
●宿泊形態:山小屋
●現地費用:宿泊代など約20000円
●その他:美濃戸口(バス終点)で集合解散可
     
アイゼン、ピッケル、ハーネス必要

 

[スケジュール]

@茅野駅=美濃戸口…赤岳山荘…赤岳鉱泉(歩3時間)

A…硫黄岳…横岳…地蔵の頭…赤岳…行者小屋(または赤岳鉱泉)(歩8時間)

B…赤岳山荘…美濃戸口=茅野駅(歩3時間)

※2泊目、行者小屋がクローズの場合には赤岳鉱泉に宿泊
※悪天候時は予定を変更して2日〜3日の行程を1日で廻る場合あり。

マイカーで参加(集合)の方
Googleマップ「美濃戸山荘」で検索>>

  • マイカー参加の方は美濃戸口に直接集合

  • 1日目はアイスキャンディー(写真)が人気の赤岳鉱泉に入山

  • 2日目、鉱泉からまずは硫黄岳までスノーハイキング

  • 森林限界を超えるとアルペンムードが漂う

  • 広く平らな硫黄岳山頂にて

  • 硫黄岳から横岳へ。広い稜線だからホワイトアウトの時は要注意

  • 横岳は岩の山。稜線を外れてトラバース。危険な箇所だ

  • 横岳の西側(写真左)には巨大な岩塔「大同心」が眺められる

  • 横岳山頂にて

  • クリアした横岳を道連れに赤岳に向かう

  • 地蔵尾根の頭からひと登りで赤岳山頂

  • 下山は雪のコンディションに応じて文三郎新道を下降。行者小屋に宿る。翌日下山

  • ページトップへ戻る