目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

《岐阜県・一等三角点》 御前岳と大洞山 vol.1

三ノ谷下降点から見る御前岳

◆◆◆  
登ることが困難な一等三角点百名山に立つ

一等三角点 日本の山1000 岐阜百山

 

日程:2018年4月7日(金)〜9日(日)
◇ガイド料:48,000円

   

このプランは御前岳登頂がメインターゲット。

2日目が悪天候の際は御前岳の登頂を3日目に変更します。この場合の名古屋駅帰着時間は午後2時予定が午後7時頃となり

平瀬温泉での宿泊が困難な場合には西赤尾などに変更します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●集合:JR名古屋駅 9:30
●解散:JR名古屋駅 15:00
●宿泊形態:旅館
●現地費用:宿泊代など約24,000円
●その他:アイゼン(10本爪以上)、ピッケル必要

     御前岳と大洞山は一等三角点峰


[スケジュール]

@名古屋駅=大月の森公園…大洞山…【直登尾根下降】…公園登山口=平瀬温泉(歩3時間)

A=白弓スキー場…無名尾根取付き…主稜線…三ノ谷下降点…御前岳(往復)…スキー場=平瀬温泉(歩10時間)

 

B (予備日)==名古屋駅

▼写真、クリック拡大

  • 予定は1日目に大洞山を目指す。悪天候の場合は3日目に登る

  • 一等三角点(本点)の大洞山山頂は山名版で賑やかだ。

  • 大洞山山頂で寛ぐゲスト。
    下降はオリジナルルートで下山

  • スタートはここ。白弓スキー場の中を歩いて尾根に取り付く

  • 毎年の残雪量は異なるものの春浅い山稜を登る。

  • 急斜面が終わるといよいよ完全に雪の上を歩くようになる

  • 主稜線に上がればそこは広く穏やかな高原状だ。

  • 三ノ谷下降点から眺める大きな山頂の御前岳。

  • 三ノ谷はスノーブリッジで対岸に渡る。登山道も無いから登れるのは季節だけ。

  • 加賀・白山連峰を背にして登るゲストのみなさん

  • 山頂目前の小さなこぶを越えれば待望の山頂だ。

  • 不思議なことに三角点標石の周りの雪が融けている御前岳山頂

  • ページトップへ戻る