目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

【東北プラン】 男鹿岳ピストン登頂 Vol.2

登山道のない男鹿岳は残雪期が登山の適期

◆◆◆
無名尾根から登る男鹿山塊の秀峰     
日本300名山 日本の山1000  

日程:2018年4月14日(土)〜15日(土) 
◇ガイド料:36,000円


山頂への登路は登山道の無い無名尾根。残雪があるから登れるルートです。無名尾根の取付までは毎年の残雪量により所要時間が異なりますが、おおむね途中2回の休憩で取付に到着できます。
集合場所の宿は会津高原駅から歩いて300m。駅から川を挟んで見えていますので各自でお越し下さい。駅から川を挟んで旅館が見えています。
アイゼン(10本爪以上)、ピッケル、ストック必要。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:指定旅館 17:00
●解散:JR会津高原尾瀬口 16:00

●宿泊形態:旅館
●現地費用:宿泊代など約9,000円
●その他:アイゼン(10本爪以上)、ピッケル必要
     
宿周辺には食料品店はありません。


[スケジュール]

@指定の旅館に各自集合(会津高原尾瀬口駅から徒歩300m)
  ◆宿までのアクセスは↓下のイメージ画像を参照(クリック拡大)

 

A=水無川林道最奧部ゲート…北西尾根取付き…男鹿岳(往復)…林道ゲート=旅館(入浴)=会津高原尾瀬口駅(歩8時間)

◆宿泊先の旅館は駅から見える「夢の湯」を予定
◆会津高原尾瀬口駅へはJR上野駅から約3時間


▼写真、クリック拡大

  • いつもの宿泊先は会津高原尾瀬口駅から300mのところ。ここに集合

  • 早朝、宿を出発。林道を車で入れるところまで入りスタート

  • 登路となる無名尾根取付までひたすら林道を歩く。

  • 残雪状況は毎年変わる。

  • 無名の尾根に取り付けばその後は樹林の中を登って行く。

  • 高度を上げて行くと目の前には七つ岳が手に取るように眺められる。

  • さらに高度を上げて行くと傾斜も緩み山頂が近いことを知る

  • 最後の休憩地から遠望する朝日連峰

  • 男鹿岳山頂にて記念撮影。山頂は広く大佐飛山も見て取れる。

  • 男鹿岳山頂からの展望を満喫して往路を下山。時間が許せば夢ノ湯で入浴して解散可

  • 「会津高原尾瀬口駅」周辺マップ

  • 「集合場所周辺」空撮イメージ画像

  • ページトップへ戻る