目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

猿ヶ馬場山・野伏ヶ岳と大日ヶ岳

広大な山頂台地の一角にある猿ヶ馬場山

◆◆◆◆ 
残雪期だから登れるラインで山頂へ     
日本300名山・日本の山1000 岐阜百山 


◇日程:2019年3月21日(祝)〜23日(土)
◇ガイド料:54,000円


1日目:往復ゴンドラ利用(乗車賃1200円)で大日ヶ岳で足慣らし登山。
1日目は短距離登山で体力を温存します。
状況に応じてすのスノーシュー無料レンタル。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR名古屋駅 10:00
●解散:JR名古屋駅 18:00
●宿泊形態:旅館
●現地費用:宿泊代など約22000円
●その他:アイゼン(10本爪以上)ピッケル必携
     登山用ストックも有効です。


【スケジュール】
@名古屋駅=高鷲スノーパーク=【ゴンドラ】=山頂駅…大日ヶ岳(往復)=山頂駅=スノーパーク=五箇山(歩2時間30分)

A=白川郷白山神社…堰堤前スノーブリッジ…尾根取付き…猿ヶ馬場山(往復)…スノーブリッジ…白山神社=石徹白(歩10時間)
B=中居神社…旧和田山牧場…【ダイレクト尾根】…野伏ヶ岳(往復)…中居神社=名古屋駅(歩7時間)

  • 1日目は日本に百名山の大日ヶ岳(1709m)で足慣らし

  • ゴンドラ山頂駅から約1時間で360°の展望を誇る山頂に到着だ。

  • 山頂からは2日目に登る予定の野伏ヶ岳も目の間(写真中央左手)

  • サクッと下山して猿ヶ馬場山のベース:五箇山に移動

  • 2日目は5時朝食のあと、白川郷から登り始める

  • ルートはパワーゾーンのオリジナルルート。帰雲山は通りません

  • 猿ヶ馬場山の山頂付近から眺める白山。雄大な景色だ

  • 3日目の野伏ヶ岳。牧場跡までショートカットルートで1時間30分

  • 牧場跡に出ると野伏ヶ岳とダイレクト尾根がまじかに迫る。

  • その日の雪の状態に応じてアイゼンとスノーシュー(無料レンタル)を使い分ける

  • 持参した自家製の山名標識の先には白山。山頂に山名標識はない

  • 辿り着いた山頂での記念撮影。晴れの日も雪の日もあるのだ。

  • ページトップへ戻る