目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

残雪の西穂高岳 Vol.1

ピラミッドピークからの西穂高岳

◆◆◆ 
雪の北アルプス登山の登竜門


◇日程:2018年4月4日(水)〜5日(木)
◇ガイド料:36,000円


集合・解散場所【松本駅または平湯温泉】をご連絡ください。新穂高ロープウェイ乗場での集合解散可。アイゼン、ピッケルのほかハーネス、ヘルメットなど少量の登攀用具必要。
西穂高岳の三等三角点は「前穂高」と刻印されていることで有名です。
危険箇所ではすべてロープ確保します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR松本駅 10:30/平湯温泉 12:00
●解散:JR松本駅 16:00/平湯温泉 14:30

●現地費用:宿泊代、乗車賃など約13000円

●宿泊形態:山小屋

●その他:12本爪アイゼンなど冬山装備が必要。

     お申込み時に集合場所【松本駅/平湯温泉】を指定ください。
 

【スケジュール】

@松本駅=平湯BT=新穂高=[ロープウェイ]=西穂口駅…西穂山荘(歩2時間)

A…丸山…独標…ピラミッドピーク…西穂高岳(往復)…西穂山荘…西穂口駅=[ロープウェイ]=新穂高=平湯BT=松本駅(歩7時間)

▼写真、クリック拡大


  • 新穂高ロープウェイで高度を稼ぎ、初日の宿泊先「西穂山荘」まで1時間少々で到着

  • 山荘からはいつも乗鞍岳が雄大だ。

  • 西に沈む夕日が染める紅く美しい世界を堪能した日

  • アタックの朝、安全を期してハーネス(安全ベルト)を装着して登山開始

  • 出発して、まずはどこが山頂か判らない丸山を目指す。

  • 朝日に光るピラミッドピークと西穂独標の岩峰

  • 西穂独標。多くの人はこの西穂独標まで登り下山する

  • ピラミッドピークからの西穂高岳と奥穂高岳。もちろん前穂高岳も、槍ヶ岳も見えている

  • 山頂直下、最後の急な雪壁を登り切れば山頂だ

  • 奥穂高岳、前穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳・・・ビッグパノラマがすごい迫力で迫る

  • 遮るもののない山頂にて

  • 日本離れした迫力のある景観をたっぷり楽しみ下山

  • ページトップへ戻る