目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

奥茶臼山と鬼面山 vol.1

登山道途中から見る奥茶臼山

◆◆◆
早春の奥茶臼山を目指すプラン     

日本300名山 一等三角点峰 信州百名山 日本の山1000

日程:2017年5月13日(土)〜14日(日)
●ガイド料:34,000円   


樹林帯の下に残雪が残る場合あり。雪上歩行が不慣れな方は4本爪アイゼンがあると楽に歩けます。

しらびそ峠のホテルを宿泊予定としています。満員になることが多く早めの申し込みをお願いします。

下山後、時間が許せば入浴して解散

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR岡谷駅 10:30
●解散:JR岡谷駅 17:30
●宿泊形態:旅館またはホテル
●現地費用:宿泊代など約11,000円
●その他:鬼面山は一等三角点峰
     集合時簡は、JR新大阪駅を当日朝出発で間に合います


[スケジュール]

@岡谷駅=松川IC=地蔵峠…稜線分岐…鬼面山(往復)…稜線分岐…地蔵峠=宿泊先(歩3時間)

A=しらびそ峠…尾高山…岩本山…奥茶臼山(往復)…尾高山…しらびそ峠=岡谷駅(歩9時間)

  • 初日は鬼面山へ。地蔵峠からの気軽な登山で山頂を目指す。

  • 春は新緑、秋は紅葉が美しい

  • 鬼面山山頂のヤグラ。ヤグラに立てば正面には中央アルプスを望む。

  • ホテルしらびそ、もしくは最寄りの宿で一夜を過ごします。(写真:ホテルしらびそ)

  • 2日目、南アルプスを眺めるしらびそ峠から原生林が美しい山稜登る

  • しばらく登れって「しらびそ峠」を俯瞰

  • 尾高山まで登って引き返す方も多いとか。

  • 春は樹林下のルート上に残雪を見ることもある。ただし歩行に支障無し

  • この登山道がない頃は倒木がたくさんあったため当社では「千本跨ぎルート」と称していた。

  • 時折振り返ると南アルプスが屏風のように連なる

  • 樹林に囲まれた奥茶臼山

  • 奥茶臼山の山頂は樹林に囲まれ展望は期待できないが少し外れれば◎

  • ページトップへ戻る