山のぼり ツアーレポート

2019/6/7  日野山・部子山・姥ヶ岳・平家岳

3日間で4つの山に登る今回のツアー、4座とも1000名山に入っています。

天気は3日間とも雨!6月7日に梅雨入りしたのでしょうがないですね〜。
おかげで誰ともすれ違わない静か〜な山に登ることが出来ました。



10時に米原駅に集合して、日野山の登山口である日野山神社を目指します。
【11:20】登山口到着。
昨日までの快晴とは打って変わって本日はしっかりとした雨・・・。
山頂まで最短距離で行くために荒谷登山口よりスタートです
気温は20度で涼しいかと思いきや、合羽を着たら暑〜〜い!

スタートからこの手作り看板が、100mごとに登山者を応援してくれます(^^)v
【13:00】宮谷・萱谷分岐地点
山頂に近づく毎にだんだんと雨が弱まってきてラッキ〜。
分岐より先は岩場が出てくるので下るときは慎重に下りましょう!
途中で雨が止んでラッキ―!
山頂手前の神社から幻想的な雲海を見ることが出来ました。
こんな日だからこそ見れる絶景ですね(^^)v
【13:20】日野山到着。
神社から奥に進むと看板と三角点があります。
ここは展望がないので、神社まで戻ってランチタイムです。
【15:10】駐車場到着。

駐車場から50分ほど移動して、福井市内のホテルに到着。
この日は越前おろしそばを食べて早めに就寝です。
【5:30】ホテル出発
部子山登山口まで1時間30分のドライブ。
5/31に県道175号(熊河池田線)が開通したおかげで、P0 駐車場まで進むことが出来ました(^^)v
P0 駐車場から頂上までは10分(笑)
雨はザーザー( ;∀;)
合羽を着て傘をさして、サクッと山頂まで行きましょう。

【7:15】部子山山頂。
天気が良ければ展望抜群の山なんですよ〜。
【9:30】姥ヶ岳駐車場。
土日は第一駐車場と第二駐車場が埋まるほど人気らしいですが、今日の登山者は私たちのみ!貸し切りで〜す。

登山道は整備されていて歩きやすいです。
一部赤土の道があるのでそこは滑らないよう慎重に歩きます。

【10:40】ぶな林ベンチ。
ぶな林とオウレン畑、癒されますね〜。
稜線に出てから山頂に向かう区間は、鬱陶しい木や笹が出てきてますが、踏み後はしっかりあります。

【12:00】姥ヶ岳山頂
名前の由来は、昔山頂近くの洞窟に山姥が住んでいたという伝説からきているそうです。
【13:20】ぶな林ベンチ
靄がかかって幻想的な風景です。
不思議な形をしたブナの木があったのでパシャリ。

【14:10】駐車場到着。
登山というよりハイキングというのが相応しい山でした!
帰りに温泉に入りたいという要望があったので【6:00】に宿を出発。
面谷橋を渡ってすぐ左折するとそこから先は未舗装道路です。
時速20Kmでのろのろと進みます。

【7:20】駐車場。
一番奥の駐車場は狭いので登山口手前の広いスペースに駐車しました。
巡視路分岐までは急登が続きます。
ゆっく〜りと高度を上げていきます。
【8:50】一本目鉄塔
こんなところに鉄塔を何本も立てるなんて凄いの一言に尽きます。
この高圧電線のおかげで道も整備されているし、感謝感謝です('◇')ゞ
稜線に出たらアップダウンを繰り返しながら井岸山を目指します。
晴れていれば気持ちのいい稜線のはずなんですけど、今日は真っ白〜(笑)



【10:00】井岸山到着。
ここまで来たら山頂まで標高差約50m!
井岸岳から一旦下るとやっと平家岳が姿を見せてくれました!
【10:20】平家岳到着。
真っ白ですがせっかくの広い山頂なので小休止で〜す。
下りは木の根っこで滑らないように気を付けて進みます。
不思議な形の木がありました。
どうしたらこんな形になるのかな(@_@)?

【13:00】駐車場下山。
帰りは「美人の湯白鳥」入浴。
せっかく岐阜に来たということで飛騨牛定食を食べて【17:00】名古屋駅解散。

お天気には恵まれませんでしたが、4つの山それぞれ個性があり楽しい山行となりました。皆さんお疲れ様でした!

ページトップへ戻る