山のぼり ツアーレポート

2019/6/16  高妻山と飯縄山 (名鉄)

1日目はバスセンターから戸隠へ5時間ほどの移動があり、足慣らしで戸隠神社の古道コースを歩きました。

2日目は皆様がお目当ての高妻山に登りました。暑くも寒くもないちょうどいい気温の中、行動できたのでラッキーでした。

3日目は200名山の飯縄山。ガスがなければ360度の展望がいい山です。
今回は160度ほどしか見えませんでしたが、気持ちのいい山頂でした!

【7:10】に名鉄バスセンターを出発して5時間ほどのドライブです。

【12:20】戸隠神社宝光社到着。
しとしと雨が降っているので合羽を着て出発です。
本日最大の難所(笑) 神社まで270段の階段を登りま〜す。
戸隠神社の中で一番立派なお彫りがされている「宝光社」。
細か〜い装飾が見事です!
戸隠古道は一般の方でも歩けるハイキングコースです。
【13:10】中社。

【14:10】鏡池到着。
晴れていればこの池に戸隠が映るのですが、、、今日は心の目で見ましょう(笑)
写真は随神門です。
ここから奥社までは杉並木の道を歩きます。
樹齢400年の立派な杉に圧巻です(@_@)!
【15:20】奥社到着。

【15:40】駐車場到着。
終わってみれば雨は止んで合羽も乾いていました。
18時〜夕食をいただき、明日に備えて早めに就寝です!
5時に朝食をいただいて【5:50】に宿を出発。
予報では7時まで雨が降る予報でしたが、既に雨は止んでいました!
きっと昨日参拝したおかげですね〜(笑)

【6:10】戸隠キャンプ場出発。
牧場の脇を通っていると、牛さんがジーっとこちらを見いています。
応援してくれてるのかな(笑)?
キャンプ場から牧場の終わりまで20分ほど歩くと、いよいよ登山道に到着です。

【6:30】一回目の渡渉ポイント。
ここからは沢の中を歩いたり、渡渉したりと気が抜けません。
足場に注意しながら登ります。
【7:30】滑滝。
右手にある鎖をもって登ります。
登りはいいですが、下りは嫌な感じです(+_+)
こちらが帯岩。
足場はしっかりありますが落ちたらアウトなので、しっかりと鎖を持っていただきます。
【8:15】一不動避難小屋到着。
避難小屋からアップダウンをしながら五地蔵山を目指します。



【シラネアオイ】
景色は見えませんが足元を見るとかわいいお花が沢山咲いてました。
他にはマイヅルソウ・ツバメオモト・コケモモなどなど!
10種類ぐらいは見つけました。
花好きの方はたまりませんね〜(^^)v
【9:20】五地蔵山

【10:15】九勢至
九勢至〜十阿弥陀の間は浮石だらけなので注意して進みましょう。
ガスが一瞬抜けてこれから登る道が見えました。
標高差300mの直登(@_@
今日一番の頑張りどころですよ〜!!

【11:35】高妻山山頂到着。
いいペースで山頂まで来ることが出来ました。
きつかった分、登頂できると達成感がありますね〜。

山頂から景色は見れませんでしたが、曇っているおかげで暑さでバテることなく登れました。
ラッキ〜(^^)v
15分ほど山頂で休憩して下山開始。
九勢至までは急坂ですので慎重に進みます。
【12:45】九勢至通過。
な〜んとガスが抜けて戸隠山が見えてきました〜!
やっぱり景色が見えると嬉しい!(^^)!
【13:35】六弥勒到着。
帰りは弥勒新道経由で帰ります。
岩場などの危険個所はありませんが泥で滑らないように要注意です。
下りは足に負担がかかるのでこまめに休憩をとりながら下ります。

【15:40】牧場合流。
【16:20】戸隠キャンプ場の駐車場に到着。
疲れたといいつつ晴れやかな顔の皆様(^^)v
11時間の行程お疲れ様でした。

宿からは高妻山、白馬岳、唐松岳、五竜岳がよく見えました。

4時30分に朝食をいただき5時15分に出発。
登りは西登山口から、下りは南登山道より下山します。

【5:40】西登山口出発。
神社までは緩やか〜な登りです。
疲れている足には優しいですね('◇')ゞ
【6:20】神社
ここからはだんだんと傾斜が出てきます。
神社から30分ほど登るとだんだんと展望が開けてきます!

【7:45】山頂・南登山道分岐。
【8:05】飯縄山山頂到着。
景色がいいので15分ほど休憩で〜す。
遮る物がない大パノラマ!ついつい長居したくなります(^^)
山頂から一瞬見えた高妻山。
シャッターチャンスたったの10秒(笑)
ギリギリ撮れました('◇')ゞ

【8:45】分岐通過。
【10:10】南登山口下山。
ここから15分ほど車道を歩いて、バスが停めてある一ノ鳥居駐車場に移動します。

一旦戸隠高原ホテルに戻りお風呂と食事を済ませます。

【12:30】にホテルを出発して【18:00】名鉄バスセンター到着!
お疲れ様でした。

ページトップへ戻る