山のぼり ツアーレポート

2020/5/25  登山道 整備

登山ツアーを生業にするパワーゾーンですが、いろいろな仕事が舞い込みます。
今年は、昨年から依頼を受けて調査した山陵をぐるりと一回りする縦走路を構築するというもの。
昭文社の地図に表示される登山道がある山も含まれていますが、縦走路はというと破線すらない山域。
来年は市独自の登山地図を作成して登山者を迎えようという取り組みです。11の山を選定して「まつさか香肌イレブン」という名称でスタートします。

名峰「局ヶ岳」伊勢三つ星の一座
この山から日本300名山の三峰山〜高見山〜明神岳〜桧塚までの長〜い稜線に縦走路を作ります。
決して標高は高くないのでヤブというかアセビが多い!
写真は稜線を塞ぐアセビの群落
床屋と同じで、刈れば道になります。
使うのはバリカンではなくノコギリとチェーンソー
これはまだまだ細い倒木。
行手を阻む倒木はガガガガガガーーと切り刻みます。
鬱陶しい倒木も完全除去。
時々頭をあげると、道を作ってきた稜線が長くなるのです。
藪や倒木ばかりではなく、とっても気持ちの良い高原状にも出会います。
でもガスに巻かれると方向を見失うので標識を設置。
全体で約100枚の登山標識を設置しました。

ページトップへ戻る