山のぼり ツアーレポート

2020/8/9  槍ヶ岳〜大キレット〜北穂高岳〜涸沢岳

3000?の稜線は、強い西風と霧雨、低温状態。大キレットの通過は諦め、天狗原から槍沢に下山しました。
稜線は寒かった。


初日は上高地に集合し、槍沢まで。
スタートで通り雨にあい、合羽を着たものの、雨はしばらくして通り過ぎあとは良い気候の中順調に歩みを進めました。
高い所2900??から上はガスに包まれて見えない時間帯が多い。
2日目。コロナの影響で、収容客数を減らしている槍沢ロッジを出発します。
高い所は昨日に続いてガスのなか。
日差しが少ないため、涼しく歩きやすいのは良いのですが・・・
6:10発
水俣乗越分岐7:10
相変わらず高い所はガスのなか。
歩くには、涼しくて助かります。
槍ヶ岳 10:00〜11:15
穂先の往復含めて肩の小屋付近でゆっくり。
ガスが巻いた、切れたり、前山の方は良いお天気のようです。
ガスが切れました。
前山は、見えています。
中心が、常念岳
中岳12:35
大喰岳付近までは、槍も見えていましたが、徐々にガスに巻かれ見晴らしはなくなります。
時々切れることもあるですが・・・
南岳13:50
ここから、小屋まで20分ほど、雨に合わずに済みそうと思ってからわずか、小屋まであと一息ですが、合羽が欲しい雨に合いました。
南岳小屋14:05
3日目
画像に風と気温が写らない。
濃い霧雨、強い西風(10?超え)低い気温(真夏なんですが寒い)
キレットの通過は危険と判断し、天狗原経由で下山することとしました。
横尾尾根の下り始めは、岩も鎖場もあります。慎重に
東側に入ると、稜線の風は嘘のようなんですが・・・
時々稜線を超えて吹き降ろしてくるガスを見ながら、天狗原、槍沢と下り槍沢ロッジで解散となりました。
9:00
キレットを超えられなかったのは残念でした。
真夏なのに、寒さが印象に残る稜線でした。

ページトップへ戻る