目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

奥又白池と北穂池 池めぐり

北穂の一ノ池から北穂高方面

◆◆◆
北アルプス穂高で池めぐり


◇日程:2019年7月16日(火)〜18日(木)
◇ガイド料:50,000円 

   
お申込み時、上高地までの交通機関をお知らせください。場合により集合時間を変更します。
特別なクライミング技術は不要であるも急峻な岩場・ガレ・ザレの登下降が多く含まれるコース

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:上高地バスターミナル 8:00
●解散:上高地バスターミナル 15:00
●宿泊形態:山小屋
●現地費用:宿泊代など約20000円
●その他:ハーネス、ヘルメットなど必要
                2日目、時間が許せば北穂高岳に登頂


[スケジュール]

@上高地バスターミナル…徳沢…横尾…涸沢(歩7時間30分)
A…南稜ゴルジュ…北穂東稜のコル…北穂池1・2(往復)…東稜のコル…涸沢小屋(歩7時間30分)
B…前穂北尾根5・6のコル…奥又白池…奥又白沢出合…新村橋…徳沢…上高地BT(歩9時間)

  • 初日は上高地から涸沢小屋に入山。背後の右が北穂東稜

  • 2日目、小屋を発ち北穂東稜のコルを目指す。背後に前穂高が美しい

  • 東稜のコルから俯瞰する北穂池。
    ここからガラガラの岩場の下降だ。

  • 北穂一の池、そして二の池を巡り・・・

  • 東稜のコルに登り返して涸沢に戻る。

  • 3日目、前穂北尾根5-6のコルを経て奥又白池を目指す。

  • 五・六のコルまで急峻な山肌を登り、コルからもシビアな下降となる。

  • 急な雪渓をロープを結び合い、慎重に降る。

  • 降りてきた急峻な雪渓。滑落は命取りだ。

  • 奥又白の雪渓を横断して池に向かう。頭上には前穂高岳東壁がデカイ

  • ようやく辿り着いた奥又白池。
    後方は前穂高岳と北尾根

  • 季節によって池は残雪でブルーポンドになっていることもある。

  • ページトップへ戻る