目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

《日本三百名山》 倶留尊山・三峰山・高見山 No.2

麓から見上げる高見山(写真は1月)

◆◆ 
薄雪を踏んで登る三重・奈良県県境の名峰登山
日本200名山 日本300名山 関西百名山 日本の山1000  


◇日程:2020年2月29日(土)〜3月1日(日)
◇ガイド料:33,000円    


雪はありますが薄雪です。ただし雪上歩行が苦手な方は軽アイゼンを持参ください。
2日目、下山後に時間が許せば入浴を済ませて近鉄・JR松阪駅経由で名古屋に戻ります。
※ここに掲載の写真は1月と11月に撮影したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR名古屋駅 10:00
●解散:JR名古屋駅 18:00
●宿泊形態:旅館
●現地費用:宿泊代など約11000円
●その他:
倶留尊山は入山料500円必要
                  関西方面の方、近鉄・名張駅集合可


【スケジュール】
@名古屋駅=近鉄・名張駅=曽爾高原…日本ボソ…倶留尊山(往復)…曽爾高原(歩3時間)
A=高見大峠…高見山(往復)…大峠=ゆりわれ登山口…八丁平…三峰山(周回)…八丁平…登山口=(温泉)=松阪駅=名古屋駅(歩6時間)

【▼雪のある写真は冬のイメージ】 

  • まずはお亀池から日本ボソを目指す。

  • 日本ボソと山頂の間には急な斜面がある

  • 西側が切り開かれた山頂

  • 高見峠から高見山山頂は指呼の距離

  • 登りはじめれば木立も低くなる

  • 周囲の山を道連れに山頂へ。

  • 高見山の次は三峰山。八丁平から山頂を周回

  • 三峰山山頂からは倶留尊山が目の前だ

  • 台高山地の山々を眺めながら下山

  • ちなみに11月の企画は倶留尊山の曽爾(そに)高原はカヤトの原が綺麗です。

  • 峠に上がって高原を俯瞰するとこんな感じ

  • 日本ボソから眺める晩秋の倶留尊山です。

  • ページトップへ戻る