目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

黒法師岳と竜頭山 No.1

鹿ノ平から見る黒法師岳

◆◆◆
アクセス悪い日本300名山に立つ

日本300名山 日本の山1000  一等三角点 
 

日程:2020年4月22日(水)〜23日(木)

◇ガイド料:38,000円 
 

【ご注意ください】
1回目の平日プランは静岡百山の一座「竜頭山」に登ります。熊伏山には登りませんのでご注意ください。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●集合:JR浜松駅   9:30

●解散:JR浜松駅 18:00

●現地費用:宿泊代など約10000円

●宿泊形態:旅館

●その他:1回目の初日は竜頭山、2回目は熊伏山登山
                竜頭山は静岡百名山



[スケジュール]

@浜松駅=天竜の森…竜頭山(往復)=家老平…定光寺山(往復)=水窪町(歩3時間30分)

A=戸中ゲート…等高尾根取付…ジャンクション…黒法師岳(往復)…ジャンクション…戸中ゲート=浜松駅(歩9時間)



▼写真、クリック拡大


 

  • 1日目:日本300名山の熊伏山へは古の通商路「塩の道」からスタート

  • 熊伏山山頂は東側だけが切り開かれ、目の前には南アルプス深南部が望める

  • 2日目、暗いうちに宿を発ち、明るくなって途中ゲートから林道約2時間の歩行。

  • ルートとなる等高尾根に取り付き稜線上のジャンクションまで一気に高度を上げる。

  • 「ヤレヤレ平」「市川戻し」「弁当転がし」可笑しな名前が付くポイントを抜けていく

  • 稜線が近付くと南アルプスらしいムードが漂いはじめる。

  • ジャンクションから黒法師岳に向かう道。途中に大きく崩れる「薙」の通過もある。

  • 待望の山頂には有名な「×印」の三角点がある。

  • 山頂よりも山頂手前の方が展望が◎ 写真は丸盆山〜鎌崩山〜不動岳方面

  • ページトップへ戻る