目指せ日本の名峰登山!玄人好みの名ルートがここに凝縮

ガイド登山プラン

黒戸尾根から登る甲斐駒ケ岳 No.1

黒戸尾根の岩場を登るゲスト

◆◆◆
南アの長大な尾根から目指す
日本百名山 一等三角点

◇日程:2020年6月27日(土)〜28日(日)
◇ガイド料:39,000円 

   

長大なスケールを誇る甲斐駒ケ岳の黒戸尾根はルート上に何箇所もの危険な岩場があります。整備されてはいますが滑落は致命傷。このため足元が不安定な方はロープ確保します。
北沢峠解散で広河原側、または戸台側にバス下山OK

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●集合:JR小淵沢駅 10:00
●解散:JR甲府駅     16:00
●宿泊形態:山小屋
●現地費用:宿泊代など約12000円
●その他:入山時のタクシー運賃按分負担
     北沢峠にて解散可(戸台に下山できます)

[スケジュール]

@小淵沢駅=尾白川渓谷登山口…駒ヶ岳神社…刃渡り…刃利天狗…七丈小屋(歩4時間30分

A…八合目…甲斐駒ケ岳…駒津峰…仙水峠…北沢峠=広河原=甲府駅(歩6時間)

◆七丈小屋での朝夕食は小屋の事情で自炊となる場合があります。
◆飲料水は小屋で入手できます。



  • 集合の後タクシーで登山口の駒ケ岳神社へ。

  • しばらく樹林帯の中を登っていくとおもむろに岩が現れる

  • その後は七丈小屋まで岩場とハシゴが連続する緊張感のある登りが続く

  • 危険な箇所にはハシゴが設置されているものの・・・

  • スリップすれば奈落の底まで続く急崖の連続だ。

  • ようやく一息つける場所もある。が、sの後も・・・

  • 小屋まで相変わらずハシゴが連続

  • 宿泊先は七丈小屋。細尾根の上に建つ小さな山小屋だが救われる。

  • 2日目、ちょっとした岩場をクリアすれば山頂はまじかだ。

  • 待望の山頂に到着。あいにくこの日はガスに巻かれた。

  • 駒ケ岳神社の本社はここだ

  • 下山コースは北沢峠に降りるか、往路を戻るかその日のコンディションによる

  • ページトップへ戻る