ウィンタースポーツ フォトギャラリー

2019/4/21  針ノ木ワンデー(^-^)

扇沢までの道路も開通しトンガリ目立つ針ノ木へ。
大雪渓という名の通り長い雪渓歩き。
まるでヨーロッパの氷河の様?
もっと大きければ本当にそうで素晴らしい!
そんなロングな歩きと滑り、また今年も行ってきました。

登山口から沢沿いに歩き大沢小屋付近へ来ると。
どど〜ん、と目の前に広がる雪渓。
大雪渓という名の通り長く広い雪渓。
今年は雪が少なかったせいか大きなデブリも少な目。
これなら帰りの滑りもラクラクかなぁ〜。
さあ、ここからが登りの本番?
薄曇りだけと気温高めで風がなく歩くと暑い。
これ日がギラギラだったら大変だ〜!
ただひたすら登ると後ろに爺ヶ岳が。
結構上がって来ましたね。
でも前向くとまだ奥なんですよね、我々向かうのは。
先行者たちは殆ど針ノ木峠へ向かっているよう。
我々はマヤクボ沢の方へ。
斜度が上がるに連れ雪は硬く、そして薄っすらのってる雪が崩れる。
折角アイゼンあるから板担いで直登に。
滑っている人の音はガガガガーって楽しくなさそう(°_°)
モレーン帯まで上がりスバリ岳より方面の斜面なら緩んでそうと選択。
コルまで来ると目の前にタンボ平と御山谷。
ここでやっと風が吹抜け気持ちいい。
ドロップ準備して一本目。
雪の柔らかい所も狙い通りあるけど罠の様な雪の塊も。
ちょいとテクニカルだけど快適(^^)
標高下げるといい感じの緩み具合。
登って来る人横目にヒャッホー!!
走るザラメ、飛ばし過ぎて地形変化にやられそうに。
危ない、危ない。
山は安全運転ですよ。
青空でなかったけどそこそこいい雪でご満悦。
しかも大きなデブリ無いので下の方まで快適滑走。
今年は最後まで普通に滑って降りて来れました。
下りは雪も良かったのであっという間でした。
雪の大谷ばりに小谷にてラスト写真。
お疲れ様でした〜。

ゲスト曰く、登りの大変さを忘れたらまた参加しまーすと(笑)
登った分だけ滑れる、ザ・山スキーな針ノ木でした。

ページトップへ戻る

ナビゲーション
  • 写真購入サイト 30days
  • 高鷲スノーパーク
  • 杉村航 フォトグラファー