バックカントリーツアー

サクッと楽しむ 立山バックカントリー (日帰り)


3000m級の山々に囲まれた立山を滑る!

大きな地図で見る

◆ GWの立山を日帰りで滑る!

  条件が良ければたタンボ平をダムまで滑走! 

 

春のバックカントリーの聖地立山を手軽に日帰りで楽しむ1dayツアー

もちろん、天気予報が滑ることがきない状況であればツアーは中止。この場合は、参加費全額を返金します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇日程:2018年5月6日(日)【日帰り】

◇参加費:14,000円

 *参加費に含むもの:ガイド料、ガイド経費、消費税

 (注) 集合前後の交通費、宿泊代、昼食代は含まれていません

 

●集合/室堂バスターミナル 待合室前 9:30

※ガイドは9時から待機。全員が集合すれば早く出発します。出来るだけ早い便でお越し下さい。

●解散/室堂バスターミナル 待合室前 15:30頃(下図参照)

     ※黒部ダムにて解散の場合あり

●最少催行人数/3名

●参加条件/1dayツアーの参加条件を満たす方

●宿泊形態/日帰り

●現地費用/アルペンルート乗車賃など約¥9000が別途必要

       保険未加入の方は保険料500円

 

【持ち物について】

◆バックカントリー基本装備、レンタルはこちらを参照>>>

 
▼滑走用具の他に下記の物が必要となります。
 

□バックカントリー  ハード装備

 登行用具

 【スノーシュー+伸縮ポール or クライミングスキン】

 ゴーグル、サングラス、ニット帽、ヘルメット、バックパック、雪崩ビーコン、プローブ、ショベル

□昼食

 1日分の行動食=昼食(水気の少ないものがベター)飲み物

□その他

 日焼け止めなど

 

【滑走コース】

当日の状況により滑走コースを選択。

状況により、タンボ平から黒部ダムまで滑り込む場合があります。この場合は黒部ダムで解散となります。
 (ハイクアップ時間:状況や各自の体力により約2〜3時間)

立山黒部アルペンルートはこちら>>>

 

  • 扇沢駅に集合して軽い荷物で室堂へ

  • 良さそうな斜面を目指してハイクアップ

  • ヨーロッパを彷彿とさせる景色だからコレを見るだけでも満足だね

  • デッカイ斜面を独り占めできるかもね!

  • 1日をしっかり使って楽しもう!

  • 天気・雪が当たれば最高だね〜

  • 【室堂バスターミナル】集合場所周辺・案内図

  • ページトップへ戻る

    ナビゲーション
    • 高鷲スノーパーク
    • 杉村航 フォトグラファー
    • 白馬マウンテンラウンジ,パワーゾーン白馬,バックカントリー,白馬,信州,長野県,hakuba,nagano,パウダー,スキー,スノーボード
    • MAMMUT
    • esta surf
    • 広島 ピステ